ひろげよう人権|東京人権啓発企業連絡会

書籍紹介

お薦めする人権関係図書です。書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。

人権全般

日常生活に埋め込まれたマイクロアグレッション
~人種、ジェンダー、性的指向:マイノリティに向けられる無意識の差別~
著者 デラルド・ウィン・スーマイクロアグレッション研究会
出版 明石書店
定価 3,500円
発行 2020年12月18日
現代社会には今なお根深い差別が存在する。「あからさまな」差別と対比され、あいまいな、無意識で見えにくいが重大な結果をもたらす差別を「マイクロアグレッション」として明確に位置づけ、その内容・メカニズムや影響、対処法を明らかにした、いま必読の書。
マイノリティ問題から考える社会学・入門
~差別をこえるために~
著者 西原 和久 / 杉本 学
出版 有斐閣
定価 2,200円
発行 2021年3月31日
近代化の中で生じる社会問題のなかで、根強く残る現代的な課題が差別問題である。本書はさまざまなマイノリティ問題を取り上げつつ、社会学が問うべきその問題の論点を深め、学問的な議論の世界へといざなう。初学者に向けていま求められる入門教科書。
日本のSDGs
~それってほんとにサステナブル?~
著者 高橋 真樹
出版 大月書店
定価 1,600円
発行 2021年3月15日
真に持続可能な社会のために、「ロゴだけ」ではない本質を見極める目が市民にも必要。 各分野の現状と事例を通じて問題提起する。
コーヒーで読み解くSDGs
著者 Jose川島良彰 / 池本 幸生 / 山下加夏
出版 ポプラ社
定価 1,700円
発行 2021年3月17日
あたなの知らない、コーヒーとSDGsの世界。コーヒー、経済、開発援助の専門家3名がいざなうコーヒーで未来を変える旅。コーヒーには、SDGsのアイデアがあふれている!
#コーヒー危機と世界経済
#コーヒーがもたらす健康と福祉
#コーヒー生産とジェンダー平等
#コーヒーが生み出す働きがい
#コーヒーで守る海、陸の豊かさ
#コーヒーで平和と公正を
SDGsは、環境、経済、社会に関わる17の目標を掲げていますが、それらの目標は、コーヒー業界がSDGs以前から取り組んできた課題の縮図でもあります。大学教授、国際NGOの元職員、コーヒーハンターという3人の著者がコーヒーを通してSDGsを紐解き、解説していくことで、誰もがコーヒーを通じてSDGsに貢献できることに気付く。コーヒーの価値観を変え、SDGsを理解できるこれまでにない一冊。
ヘイトスピーチと対抗報道
著者 角南 圭祐
出版 集英社
定価 880円
発行 2021年4月16日
2016年の「ヘイトスピーチ解消法」施行以後、過激なヘイトスピーチデモは減る一方、ネット上での差別発言はいまだ横行している。その背景にはいわゆる「官製ヘイト」や歴史修正主義があることは見逃せない。
本書は、「共同通信ヘイト問題取材班」としてヘイトスピーチデモの現場で取材を重ねてきた著者が、メディアはそれとどのように向き合ってきたのかを検証。
日韓の戦後補償問題を長年追い続けてきた著者だからこそミクロとマクロ両方の視点からの解説が可能となった、「ヘイトスピーチ問題」の入門書である。
「“中立”を掲げた無難な報道に逃げ込まず、ヘイトクライム・レイシズムに本気で抗うための一冊。」-フォトジャーナリスト安田菜津紀氏推薦!
怒れる老人
~あなたにもある老害因子~
著者 安藤 俊介
出版 産業編集センター
定価 1,300円
発行 2021年6月15日
社会問題化する「キレる高齢者」の真相と特徴を専門家が徹底解説。
「老害予備軍度診断」は老若男女問わず要チェック!
高齢者が怒りっぽくなる理由には「身体的理由」「社会的理由」「個人的理由」という3つの側面があります。本書では、アンガーマネジメントの見地から、怒りの真相を紐解きます。
また、老害になりやすい人の特徴をあわせて解説。老害予備軍度診断など、年齢を問わず自分は大丈夫だと思っている人にこそ読んでほしいコンテンツ満載です。
記憶を拓く 信州 半島 世界
著者 信濃毎日新聞社編集局 編
出版 信濃毎日新聞社
定価 1,600円
発行 2021年6月1日
太平洋戦争末期、国家の中枢機能を信州に移そうとした松代大本営地下壕の極秘工事。2018年、動員された朝鮮人労働者2600人の名簿の存在が明らかになった。名簿をもとに、韓国で捜し当てた元労働者家族の記憶をたぐると、日本の植民地支配がもたらした影響を多面的に見つめる手がかりが見えてきた―。
計61回の新聞連載を単行本化。1936年ベルリン五輪マラソンに日本代表選手として出場した金メダリスト、孫基禎さんの生涯をたどるほか、K-POPに沸く現代の若者たちの交流や、在日コリアンらへの”ヘイト”の実態にも切り込む。戦後”最悪”とも言われる日韓関係の中で、丹念な取材をもとに、対話と共感の糸口を探る。2020年度平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞。
~一流の人は知っている~
ハラスメントの壁
著者 吉田 幸弘
出版 ロングセラーズ
定価 1,100円
発行 2021年3月23日
「自分は大丈夫」と思っていませんか?
「良かれと思って」「そんなつもりはなくて」でも、たったひと言で、ハラスメントの壁を超えて、すべてを失うこともあります。
ハラスメントの境界線はお互いの「信頼関係」3万人の管理職を見てきたプロが教える、一流のコミュニケーション術。
人は見た目!と言うけれど
~私の顔で、自分らしく~
著者 外川 浩子
出版 岩波書店
定価 860円
発行 2020年11月20日
もし自分の顔に、目立つあざや傷あとがあったら…? そうした症状をもつ人たちが直面する、いじめや差別などの困難――見た目問題。当事者と共に悩み、失敗をくり返しながら解決に取り組んできた著者が、脱毛症、口唇口蓋裂、アルビノなど様々な症状の人たちの体験を伝え、家族や先生など周りの人はどう関係を築けばよいのかを考える。
無意識のバイアス ~人はなぜ人種差別をするのか~
著者 ジェニファー・エバーハート
訳者 山岡 希美
出版 明石書店
定価 2,600円
発行 2020年12月30日
わたしたちは見て判断するのではない。判断して見ているのだ。
悪意の有無に関係なく存在する偏見、バイアス。それがいかにして脳に刻まれ、他者に伝染し、ステレオタイプを形作っているかを知ることなしに人種差別を乗り越えることなどできない。米国の学校・企業・警察署の改革に努める心理学者が解く無意識の現実とは。
身の回りから人権を考える80のヒント
著者 武部 康広
出版 解放出版社
定価 1,600円
発行 2020年12月20日
日常にある身近な出来事のなかから、差別や人権に関するテーマや課題を解説。JA滋賀で長年にわたり人権研修を担当してきた著者、珠玉の1冊。
ヤングケアラー わたしの語り ~子どもや若者が経験した家族のケア・介護~
著者 澁谷 智子
出版 生活書院
定価 1,500円
発行 2020年11月7日
多様にあるケアの経験を、当事者だった7人が書き下ろした、それぞれの「わたしのストーリー」。
SDGs ~危機の時代の羅針盤~
著者 南 博 / 稲場 雅紀
出版 岩波書店
定価 820円
発行 2020年11月20日
地球1個分のキャパシティを超えない「続く世界」を目指す17のゴール。2030年の期限まで10年を切り、パンデミック下の今こそ、危機の時代の羅針盤としてその真価が問われている。日本政府の交渉官と開発・環境関係のNGO代表とが、SDGsのイロハ、交渉秘話、SDGsの現状、プロが見たその強みと展望などを漏れなく紹介する。
13(サーティーン) ~ ハンセン病療養所からの言葉~
著者 石井 正則
出版 トランスビュー
定価 2,900円
発行 2020年3月30日
「指は曲がっていても天をさすには少しの不自由も感じない」(志樹逸馬)隔離の中で生まれた詩と失われゆく記憶を残すために明治以降、約90年続いた隔離の歴史。全国に13ある国立ハンセン病療養所には、その記憶を色濃く残した「風景」とその中でしか生まれえなかった「言葉」がある。8×10や35mmのフィルムカメラを携えて、各地を訪れた石井正則はそこで感じた「空気」を写真に収めてきた。写真と入所者の方々の詩で綴る、療養所の姿。カラーフィルムで撮影した約100点の写真に、入所者の方々の力強い詩 23篇を掲載。木村哲也氏(国立ハンセン病資料館学芸員)による、ハンセン病政策と療養所の歴史についての解説も収録する。
認知症の人が「さっきも言ったでしょ」と言われて怒る理由
~5000人を診てわかったほんとうの話~
著者 木之下 徹
出版 講談社
定価 880円
発行 2020年8月21日
認知症に脳トレは効きません。
いまのところ、認知症が治る薬もありません。でも、「認知症になる=絶望」ではありません。
認知症1000万人時代を迎えようとするいま、 認知症とともに、「よりよく生きる」備えをするための一冊。
パワハラ問題 ~アウトの基準から対策まで~
著者 井口 博
出版 新潮社
定価 880円
発行 2020年10月17日
アウトとセーフの境界はどこにあるのか。被害を受けたら、被害を訴えられたらどうするのか。
経営者や管理職に限らず、誰もが被害者、加害者になりうる「パワハラ問題」。2020年6月からは「パワハラ防止法」も施行されたが、中身を理解している人は少ない。
過去、1000件以上のハラスメント相談を受けてきた弁護士が、この法律を徹底解説したうえで、予防策や危機管理、過去の判例まで詳述。全組織人必読の書。
ルポ 不機嫌な老人たち
著者 林 美保子
出版 イースト・プレス
定価 860円
発行 2020年8月12日
定年後は、年金でのんびりとした老後を、というのはもはや過去のこと。長すぎる老後、敬老意識の希薄化、早すぎる技術革新、コミュニティー・家庭の崩壊、経済的不安定……、かつて経験したことのないような急激な社会変化の中で戸惑い、傷つき、苛立つ老人たち。
当たり前としてきた価値観がことごとく否定され、「暴走老人」、「困った高齢者」、「わがまま老人」といった言葉で揶揄され、社会問題としてセンセーショナルに取り上げられる、彼らの本当の胸の内とは。その被害と実情を、被害者、専門家、高齢者への丹念な取材から読み解く。
正義を振りかざす「極端な人」の正体
著者 山口 真一
出版 光文社
定価 760円
発行 2020年9月16日
最も炎上を巨大に、深刻なものにするのは、ネットメディアでなければまとめサイトでもない。実は、テレビなどのマスメディアなのである。
ここに興味深い研究結果がある。帝京大学准教授の吉野ヒロ子氏による炎上認知経路に関する分析の結果、炎上を知る経路として最も多かったのはテレビのバラエティ番組(58.8%)だったのだ。一方、ツイッターは23.2%にとどまっている。
つまり、炎上とはネット上の現象にもかかわらず、実際にはマスメディアが最も広く拡散させて「極端な人」に情報を届けているということがいえる。さらに、マスメディアは、炎上したことを取り上げてより厳しく追及する役割も果たしている。
SNS暴力 ~なぜ人は匿名の刃をふるうのか~
著者 毎日新聞取材班
出版 毎日新聞出版
定価 1,300円
発行 2020年9月19日
2020年5月、SNS上で誹謗中傷を受けた末、女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった。ネット上で、SNSによる暴力が過激化。匿名になることで、言葉が凶器へと変わり、容赦なく人の心を切りつける。
果たして加害者はどんな人物で、動機は何なのか。背景には、社会の構造的な問題があるのだろうか。記者が徹底的な取材で掘り下げる。一方、被害の深刻化、多様化が進み、いつ誰が被害者になってもおかしくない。
被害に遭ったらどう対処すべきなのか。そして今、何が議論されるべきなのか。ネットの功罪を検証し、SNSの未来を探る。
18歳から考える人権 第2版
著者 宍戸常寿 編
出版 法律文化社
定価 2,300円
発行 2020年11月11日
人権によって私たちはどのように守られているのか?
ヘイトスピーチ、生活保護、ブラック企業……人権問題を具体例から読み解く入門書。SDGs、フェイクニュース、コロナ禍の解雇・雇止めなど、人権に関わる最新テーマにも言及。

一覧へ戻る