私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

書籍紹介

お薦めする人権関係図書です

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

新着図書

ジャンル

書籍名

内容の概略 著者・出版社
定価・発行
障がい者発達障害に生まれて
~自閉症児と母の17年~
発達障害に生まれて~自閉症児と母の17年~
人の気持ちがわからない。人間に関心がない。コミュニケーションがとれない。勇太くんは、会話によって他人と信頼関係を築くことができない。それは母親に対しても同じだ。でも母にとっては、明るく跳びはねている勇太くんこそが生きる希望だ。幼児教育のプロとして活躍する母が世間一般の「理想の子育て」から自由になっていく軌跡を描いた渾身のルポルタージュ。子育てにおける「普通」という呪縛を問う
著者松永正訓
出版中央公論新社
定価1,600円
発行2018年9月
女性・性差別カミングアウト
~LGBTの社員とその同僚に贈るメッセージ~
カミングアウト~LGBTの社員とその同僚に贈るメッセージ~
自分を隠すのをやめた時、すべてが変わり始める 「世界で最も尊敬されるCEO」に選ばれながら、同性愛のパートナーをめぐるスキャンダルで失脚した著者。だがそれは新たな素晴らしい人生の始まりだった――。 世界的なビジネスリーダーが長きにわたる「自分を隠し続けた」日々とカミングアウトの経験、100人以上のLGBTの人々への取材をもとに語る、職場における性的少数者と周囲の人々へのメッセージ
著者ジョン・ブラウン
翻訳松本 裕
出版英治出版
定価1,900円
発行2018年9月
女性・性差別LGBTと家族のコトバ
LGBTと家族のコトバ
国会議員の「生産性がない」発言や、『新潮45』の記事などで議論を巻き起こしたLGBT問題。本書は「娘が息子になった家族」や「かつては母だった父」、「ゲイ3人で同棲するカップル」など、LGBT当事者とその家族ら15名の赤裸々な半生を掲載。「家族とは?」「幸せとは?」と問いかける珠玉のインタビュー集
著者LGBTER(エルジービーター)
出版双葉社
定価1,500円
発行2018年11月
人権全般未来の再建
~暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン~
未来の再建~暮らし・仕事・社会保障のグランドデザイン~
深まる貧困、苛酷な労働、分断される人々。現代日本の根本問題を抉剔し、誰もが生きる上で必要なベーシック・サービスの充実を提唱。未来を切り拓く渾身の書!
著者井手 英策,今野 晴貴,藤田 孝典
出版筑摩書房
定価820円
発行2018年12月
その他SDGs経営の時代に求められるCSRとは何か
SDGs経営の時代に求められるCSRとは何か
SDGsそのもの及びSDGs達成のために果たすべき企業の役割について、本質的理解に必要なポイントを重点的に解説。また、SDGs実践取り組みのヒントを16のトピックの形式でまとめた。CSR/SDGs担当者、経営者が国際的要請を経営戦略・CSR活動にどう取り込むかの指針となる1冊
著者関 正雄
出版第一法規
定価2,300円
発行2018年11月
その他仕事と介護の両立に悩んだとき読む本
仕事と介護の両立に悩んだとき読む本
"日本社会はこれから老年人口の増加傾向が続き、ここ数十年にわたって介護の問題は家族一人ひとりに重くのしかかってくることが予想されます。 働く人びとの中には、仕事と介護の両立が難しくて、働く時間を短くしたり、いわゆる介護離職という形で転職したりする人などもいます。 ただ、実際には親の介護が必要になった人は皆、「仕事と介護の両立が難しくなるのか?」というと、決してそのようなことはありません。 本書では、仕事と介護が難しくなる事例やデータをもとに「ビジネスパーソンを初めとする働く人びとに必要な、仕事と介護の両立をするための知識と心構え」をお伝えしていきます"
著者山川 仁
出版日本能率協会マネジメントセンター
定価1,700円
発行2018年10月
書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。

バックナンバー

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

ホームに戻る