ひろげよう人権|東京人権啓発企業連絡会

書籍紹介

お薦めする人権関係図書です。書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。

人権全般

アマゾンの倉庫で絶望し、ウーバーの車で発狂した
~潜入・最低賃金労働の現場~
著者 ジェームズ・ブラッドワース(著者)
   濱野 大道(訳者)
出版 光文社
定価 1,100円
発行 2022年6月14日
英国の“最底辺”労働に著者自らが就き、その体験を赤裸々に報告。アマゾンの倉庫、訪問介護、コールセンター、ウーバーのタクシー――ワンクリックに翻弄される無力な労働者たちの現場は、マルクスやオーウェルが予言した資本主義、管理社会の極地だ。グローバル企業による「ギグ・エコノミー」という名の搾取、移民労働者への現地人への不満、持つ者と持たざる者との一層の格差拡大は他人事ではない。横田増生氏推薦の傑作ルポ。
COVID-19の倫理学
~パンデミック以後の公衆衛生~
著者 児玉 聡
出版 ナカニシヤ出版
定価 2,200円
発行 2022年7月31日
コロナ禍以後の新たな時代を生きるためのヒントを学ぶ教科書、京都大学の教員たちによる人気オンライン講義シリーズ「立ち止まって、考える」が待望の書籍化。外出自粛要請は正当化できるのか?限られた人工呼吸器を誰に配分するか?ワクチン接種は義務化すべきか?大型クルーズ船停留措置、ワクチンの優先接種、医療資源の配分、ロックダウン……パンデミック下で引き起こされた様々な難問について、当時どのような議論がなされ、今後どのように議論していくべきなのか。危機的な状況のなか行われた、これからの公衆衛生(感染症対策や健康増進のための予防活動)について議論するための特別講義を収録!!
犯罪の証明なき有罪判決
~23件の暗黒裁判~
著者 吉弘 光男(編集)
   宗岡 嗣郎(編集)
出版 九州大学出版会
定価 3,200円
発行 2022年2月15日
冤罪はなぜ起こるのか。

刑事訴訟法は明文で、「犯罪の証明があった」ときにのみ、有罪判決において「刑の言渡し」ができ(刑訴法333条)、「犯罪の証明がないときは、判決で無罪の言渡しをしなければならない」(刑訴法336条)と規定する。しかし日本の刑事裁判実務では、裁判官の「自由心証主義」が過度に重視され、現行法上の有罪判決の前提である「犯罪の証明」が軽視されてきた。その結果、「裁判官の自由な判断」により誤った有罪判決を生み出す「暗黒裁判」が後を絶たない。

本書では、70数年に及ぶ現行憲法・刑事訴訟法の下で、絶えることなく続発する誤判事件の実態について、最初期から現代にいたる膨大な誤判例の中から23件の裁判を分析することで、誤判の決定的な原因を探った。そこには、別件逮捕を用いた自白獲得や共謀共同正犯の承認、情況証拠のみに基づく事実認定、捜査段階の調書への全面依拠、客観性を欠く供述証拠の「真偽」の判断等、憲法が保障する被疑者・被告人の人権を無視した実務の実態があった。本書はとくに論理的可能性と実在的可能性の違いに着目し、主観的・情緒的な「心証形成」を制約する、客観的・理性的な「証明」の論理を示すことによって、裁判官が誤判を犯す原因を明らかにし、冤罪を防止するための方策を提言する。
ペアレントクラシー
~「親格差時代」の衝撃~
著者 志水 宏吉
出版 朝日新聞出版
定価 810円
発行 2022年7月13日
現代日本は「ペアレントクラシー(親の影響力が強い社会)」という言葉で形容できるほど、社会階層の固定化が進んでいる。
かつてないくらいに、子どもの社会的地位、学歴と保護者の学歴、経済力とに強い相関関係が見られるようになっているのだ。
生徒、保護者、学校、教育行政の観点から日本がペアレントクラシー化に至った経緯を分析し、教育の公正の実現に求められる策は何かを提言する。
「ヤングケアラー」とは誰か
~家族を“気づかう”子どもたちの孤立~
著者 村上 靖彦
出版 朝日新聞出版
定価 1,700円
発行 2022年8月12日
小学生の15人に1人が「家族の世話」を担い、社会問題として顕在化してきたヤングケアラー。メディアでは身体的な疾患や障害をもつ家族の介護をする子どもがクローズアップされることが多いが、実際には、精神疾患の母親をケアするケースも多い。
介護や家事労働だけが「ケア」ではないのだ。
長期脳死の兄の「身代わり」として親の前で頑張って見せる子、母親の薬物依存を周りに言えない子、ろう者の母親の手話通訳をするうちに「私」が消えていく子、母親を責めるようだからと自身をヤングケアラーだと認めたがらない子――。
本書では、家族をケアする子どもたちが体験する孤立を「語り」から考える。彼ら彼女らの言葉に丁寧に耳を傾け、ディテールにこだわって分析を重ねていく。すると、これまでほとんど知られることのなかった、ヤングケアラーたちの複雑かつあいまいな体験や想い、問題の本質が浮かび上がってくる。また、そこから、どのような「居場所」や支援を必要としているのかも見えてくる。
スマホで薬物を買う子どもたち
著者 瀬戸 晴海
出版 新潮新書刊
定価 840円
発行 2022年7月19日
カラフルな絵文字に隠語の数々、派手な宣伝文句が氾濫するSNSや、秘匿アプリを通じて、今日も違法薬物が売られている。親に隠れて手を出すのは中高生や大学生、売人もまたごく普通の若者たちだ。スマホを介した「密売革命」によって、子どもたちの薬物汚染は近年、急速に蔓延している。ひと昔前とは様変わりした最新ドラッグ事情から、安易な誤解で広がる大麻の脅威まで、元「マトリ」トップが実例とともに徹底解説。
ほんとうの定年後
~「小さな仕事」が日本社会を救う~
著者 坂本 貴志
出版 講談社
定価 920円
発行 2022年8月18日
年収は300万円以下、本当に稼ぐべきは月10万円、50代で仕事の意義を見失う、60代管理職はごく少数、70代男性の就業率は45%、80代就業者の約9割が自宅近くで働く……全会社員必読! 知られざる定年後の「仕事の実態」とは?

漠然とした不安を乗り越え、豊かで自由に生きるにはどうすればいいのか。豊富なデータと事例から見えてきたのは、「小さな仕事」に従事する人が増え、多くの人が仕事に満足しているという「幸せな定年後の生活」だった。日本社会を救うのは、「小さな仕事」だ!
ほんとうの多様性についての話をしよう
著者 サンドラ・ヘフェリン
出版 旬報社
定価 1,600円
発行 2022年6月14日
いろんな国の人が増えれば多様な社会になるの?
どうして学校の校則は「直毛の黒髪」が前提なの?
私も日本人なんですけど…なぜ銀行口座を作らせてくれないの?
「多様性とは何でも受け入れること」ではありません!
なぜ日本では「女子力が高い」が褒め言葉なの?
左前のドレス、両手には招き猫…そんなミス・ユニバースにはNOを!
誤解と偏見だらけのニッポンの「多様性」をみつめなおしませんか
外国人も日本人も、障がい者も健常者も、LGBTQの人もそうでない人も、みんなが居心地のいい社会をつくるためのヒントがここに。
私の沖縄問題
著者 部落解放・人権研究所 (編著)
出版 解放出版社
定価 1,600円
発行 2022年7月10日
過去半世紀にわたって沖縄に押しつけられた問題は、本土の問題である。本土が変わらない限り問題は解決しない。沖縄に押しつけてきた問題とはなにか、戦争と差別に反対をし、平和と人権を守るため被害、加害の両側から考える。
日本にレイシズムがあることを知っていますか?
~人種・民族・出自差別をなくすために私たちができること~
著者 原 由利子
出版 合同出版
定価 1,600円
発行 2022年7月29日
〈在日コリアン〉〈在日外国人〉〈被差別部落〉〈アイヌ民族〉〈琉球・沖縄〉〈さまざまなマイノリティ〉が共存する社会
レイシズムが跋扈(ばっこ)する社会では、人びとは自由に〈空気〉が吸えない。いまレイシズムをなくすカギは、一人ひとりが気づき、批判の声をあげること!
日本社会の人種・民族・出自差別の歴史と構造
レイシズムの本質と危険性
どうすれば差別のない社会がつくれるのか
国連、政府、市民の役割とはなにか
いま、私たちが知っておくべき 社会の分断を回復する知恵 行動への一歩
積み重なる差別と貧困
~在日朝鮮人と生活保護~
著者 金 耿昊
出版 法政大学出版局
定価 3,800円
発行 2022年4月1日
在日朝鮮人と生活保護の問題は、戦後日本における排外主義の標的となってきた。はたしてそれは「不適正」な「特権」なのだろうか。さまざまな歴史資料から在日朝鮮人の苦難に満ちた暮らしを描きだし、生活保護制度からも排除されていった事実を明らかにする。南北分断、朝鮮戦争、北朝鮮への帰国、高齢者の無年金問題などを経て、現在まで続く民族差別と貧困の道のりをたどる。
ウトロ ここで生き、ここで死ぬ
著者 中村 一成
出版 三一書房
定価 2,800円
発行 2022年4月27日
一世は全員鬼籍に入った。多くの二世ともお別れした。ウトロの歴史を目撃してきた飯場跡や集会所、南端のフェンスなど、地区内にあった、あるいは今も存在する幾つかの物言わぬ「証人たち」を訪ね、そこにまつわる人々の記憶を掘り起こし、彼彼女らの記録として残したい。それは、ウトロの人々から少なからぬ時間と言葉を頂戴した者の一人としての義務でもある……かつて地区の玄関に立てかけられた看板の文言を思い出す。打つ手がなくなった2002年、それでも闘い抜くと決めた団結集会で採択された集会宣言である。住民たちの記憶と願いを撚り合わせ、今後の闘いの肝を記した宣言「オモニの歌」は、この言葉で結ばれた――「われら、住んでたたかう」。
裁判の中の在日コリアン
~日本社会の人種主義・ヘイトを超えて~
著者 在日コリアン弁護士協会(LAZAK) (編者)
出版 現代人文社
定価 2,300円
発行 2022年3月20日
2008年に刊行された初版以降にあった事件を加筆、大幅増補改訂。さらに、「徴用工」「慰安婦」「日韓請求権協定」「名前(本名と通名)と国籍(帰化)」の問題についてのコラムも充実。
在日コリアンを当事者とした裁判や事件について、在日コリアンの弁護士や事件に携わってきた弁護士が、当事者の視点から執筆した。初版から14年、「多様性と協調」が謳われる時代とは裏腹に、在日コリアンをとりまく環境はますます厳しいものとなっている。2009年に起きた朝鮮学校を襲撃するヘイトクライム事件以後、在日コリアンの排斥を訴える過激なデモが全国各地で行われ、インターネットを中心に「ヘイトスピーチ」が氾濫、書店の店頭ですら目に留まりやすい場所に嫌韓本が並べられるようになった。2017年には、在日コリアンの弁護士も標的にされた「大量懲戒請求事件」が起きた。なぜ、在日コリアンをとりまく人権状況は、これほどまでに悪化してしまったのかーーー。
人権としての特別支援教育
著者 藤本 文朗 監修者
   小野川 文子 監修者
   小畑 耕作 編者
   近藤 真理子 編者
   宮本 郷子 編者
出版 文理閣
定価 1,818円
発行 2022年3月20日
子どもの発達と学習を保障する権利としての障害児教育、決して「特別」ではない特別支援教育のために編まれた、学生・教員・ボランティアに向けた新しいテキスト。
最新 ハラスメント対策 モデル文例集
~厚労省導入マニュアル対応~
著者 石井 逸郎 (編集)
出版 新日本法規出版
定価 4,200円
発行 2021年10月1日
アレンジ可能なモデル文例を豊富に掲載!
令和4年4月から全企業に対して「パワーハラスメント対策」が義務化されます!
◆各文例に作成上の留意事項を〈ポイント〉として掲げています。
◆ハラスメント対策に必要な文例を多数掲載しています。
◆社内体制整備や顧問先指導に活用できる1冊です。
記者ハンドブック 第14版 新聞用字用語集
著者 共同通信社 編著
出版 共同通信社
定価 1,900円
発行 2022年3月15日
『正しい日本語で伝わる文章を』
漢字と平仮名どちらを使うのか、送り仮名はどう付けるのか、同音異義語の使い分けは?・・・。
用例が豊富な用字用語集と読みから引ける漢字表。外来語の正しい使い方も明記。
一般企業の企画・広報担当者からWEBライターまで、文章を書くすべての人にお薦めする日本語用字用語集の決定版です。
6年ぶりに大改訂。
身近に考える人権
~人権とわたしたち~
著者 高井 由起子 編著
出版 ミネルヴァ書房
定価 2,500円
発行 2022年3月20日
「人権」という言葉を聞いてどのようなことを思い浮かべるか――。本来は身近な問題、テーマであるはずだが、「大変な人たちの問題」「重たい」といった、なんとなくそばに置きたくない思いや、小中高等学校などでは「深刻なことを考える時間」といったイメージがあるかもしれない。しかし、このような「距離を置く」考え方こそ、私たちの身近にある人権問題をより一層、深刻なものにしているといえる。本書では、「人権」をわかりやすく、身近な問題として考察できるよう、身近なテーマを事例も交えて解説する。
フィンランド 幸せのメソッド
著者 堀内 都喜子
出版 集英社
定価 860円
発行 2022年5月17日
2018年から2022年にかけて、5年連続で「幸福度ランキング世界一」を達成。首都ヘルシンキは2019年および2021年には「ワークライフバランス世界一」に輝き、国連調査の「移民が感じる幸福度」ランキングでも第1位(2018年)。他にも「SDGs達成度ランキング」で世界一(2021年)、「ジェンダーギャップ指数」で第2位(2021年)など、数々の指標で高い評価を受けているフィンランド。その背景にあるのは、”人こそが最大の資源で宝”という哲学です。立場を問わず全ての国民が平等に、そして幸福に暮らすことを可能にする、驚くべき「仕組み」とはいかなるものなのでしょうか。そして、日本はそこから何を学べるのでしょうか?最新の情報をふんだんに盛り込んだ、驚きにあふれる一冊です。
なぜあなたは自分の「偏見」に気づけないのか
~逃れられないバイアスとの「共存」のために~
著者 ハワード・J.ロス
  (訳者)御舩 由美子
出版 原書房
定価 2,400円
発行 2021年10月25日
さまざまな偏見や思い込みを生むバイアス。バイアスは人が本来誰もが持つ防御反応であって、そのほとんどが意識されることがない。わかりやすい実例をあげながら、専門家がバイアスの「本質」と共存について案内する話題の書。
児童養護施設という私のおうち
~知ることからはじめる子どものためのフェアスタート~
著者 田中 れいか
出版 旬報社
定価 1,600円
発行 2021年12月6日
児童養護施設=「かわいそう」はもう古い!
児童養護施設をアップデートする、あたらしい「社会的養護」入門
「休日は何してるの?」「おこづかいはもらえるの?」「親とは会うの?」
みんながギモンに思う、施設のリアルな生活・進学事情・親との交流・退所後の課題など、わかりやすく解説。
児童養護施設職員、学校教員、行政……子どもに関わる人の声もあつめました!
施設出身モデル・田中れいかさんの入所経験をもとに、ライフヒストリーに合わせて、児童養護施設のくらしを描きます。

一覧へ戻る