私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

レッツトライ

「ステレオタイプ」と「偏見」

 私たちはごく自然にものを考えて生活しています。その中でついつい思い込みによって、偏った見方をしてしまうことがないでしょうか。「ステレオタイプ」や「偏見」といわれるものがそれです。
 ステレオタイプは特定の集団を通してそれを構成する個を同じよう見てしまう。あるいは個を通して集団全体を同じに見てしまうなどの固定的な観念をいいます。偏見は偏った正しくない見方・考え方をいい、これには感情が伴います。共通点は一つの側面で全体を同じにみてしまうところです。また、いずれもが親あるいは親に代わる影響力の強い周囲の人から刷り込まれることが大きな原因です。これは心理学上でもいわれていることです。
 ステレオタイプや偏見は憎しみ、嫌悪、疎外、閉鎖、攻撃、不平、不満、同情、支配、打算などを生み、差別につながることになります。また、誤解、予断も同様です。

《ステレオタイプと偏見の具体例<国連広報センター>》
1 先生はみんな親切だから好きだ。(偏見)
2 私には親切な先生がいてうれしい。(客観的)
3 先生というのは親切なものだ。(ステレオタイプ)


 大阪市人権啓発推進協議会発行のテキストにある「刷り込みチェックシート」で、自分のもつステレオタイプや偏見に気づきましょう。そしてその弱点をコントロールしてください。そのためには研修などを通して正しい知識と自分で確かめる、個に注目するなどのよい習慣を身に付け、合理的、客観的に判断する力を養うことが大切です。

自己点検『刷りこみチェック』

  項       目
仏滅の結婚式、友引きの葬儀をすることは極力さける。  
葬儀に参列したときに、清め塩をいただいたら、使う。  
丙午に子が産まれるときは、心のどこかで男子を望む。  
家を建てるときは日取りを考える。  
テレビ番組で自分の星座占いが最下位になると気にしてしまう。  
子どもの名前を決めるときに、字画を考える。  
最近流行の風水に興味を持ち、家のインテリアの参考にしている。  
B型の血液型の人はわがままな人が多いと思っている。  
女人禁制の大峰山は、昔からのしきたりなので仕方がないことだ。  
10 土俵に太田房江知事が上がれないのは仕方ないことである。  
11 噂話を自分で確認せず、信じてしまいやすい。  
12 人の悪口を聞き、自分も同調してしまう態度をとることが多い。  
13 結婚式案内を○○家と○○家の披露宴として招待状をつくる。  
14 長男の嫁は男の子を産まなければならないと思う。  
15 結婚相手の親の職業が気になる。  
16 自分の子が娘ばかりの場合、少なくとも一人は婿を取って欲しい。  
17 子どもの進学先や就職先が周りの人にどう思われるか気になる。  
18 適齢期になっても結婚しない子どもを恥ずかしく思う。  
19 着たい派手な色の服があっても、年相応なものを選んでしまう。  
20 身内が亡くなったときに、喪中につき、年賀状を出さない。  
21 北枕にならないようにふとんを敷く。  
22 一人っ子はわがままであると思う。  
23 ブランド品や流行を追うことが好きである。  
24 一つの行為でその人の人柄を決めつけてしまうことが多い。  
25 人と接するときに、肩書きに弱い。  
26 長いものに巻かれる自分を生活の中で感じることがある。  
27 友人の子どもが有名大学に合格したことを心から喜べない。  
28 隣に自分の家より立派な家ができると、快く思えない。  
29 成績の悪い子と自分の子が友だちになることを快く思わない。  
30 自分の子どもの結婚相手は、大学を出ているかどうかが気になる。  
31 大卒と高卒では賃金が違うことは仕方がないと思う。  
32 子どもには人を蹴落としてでも生き残る力が必要である。  
33 いじめを聞くと、いじめられる方にも問題があると考える。  
34 心のどこかに昇進できないのは、恥ずかしいという考えがある。  
35 高い社会的地位にある人を成功者と考える。  
36 個性的で主体性を持った人間は、どこか変わり者であると感じる。  
37 権力のある人間とそうでない人間では接し方が変わってしまう。  
38 滅私奉公は日本人が大切にしなければならない美徳である。  
39 自分の離婚経験は恥ずかしいので、自分からは話題にしないだろう。  
40 子どもができて、初めて家庭と呼べると考えがちである。  
41 親の介護は女性が中心になってしまうのは仕方がない。  
42 専業主夫をしている男性は変わり者であると考えてしまう。  
43 夫の生活習慣病は、妻が栄養管理を怠っているからと考える。  
44 結婚しないで独身でいる人に、早く結婚するように勧めたくなる。  
45 戸籍制度はなくならない方がよい。  
46 子どもを育てるときは、男らしく女らしくを少なからず意識する。  
47 新婚部屋が散らかっているのは女性がだらしないと感じる。  
48 発展途上国の人にどこか同情している。  
49 新興宗教はどれも危険であると考える。  
50 このチェックリストを書くときに、周りの目が気になった。  

資料:大阪市人権啓発推進協議会


戻るホームに戻る