私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

あゆみ

ハンセン病政策


ハンセン病政策と訴訟の経緯

1873年  ノルウェーのハンセン医師がらい菌を発見 
1907年 法律「癩予防二関スル件」制定
   
1909年 現在の菊池恵楓園を含め全国で5ヶ所の国立療養所が開設される
   
1931年 「癩予防法」制定。全患者が隔離対象に
   
1947年 日本国憲法施行。国内で特効薬プロミンの使用始まる
   
1948年 本人や配偶者がハンセン病患者の場合、断種、堕胎を認める優生保護法制定
   
1951年 参院厚生委で3園長が隔離強化を主張。患者らが全患協(現・全寮協)結成
   
1953年 「らい予防法」制定。入所者が法改正闘争
   
1995年 厚生省の「らい予防法見直し検討会」が法廃止を求める報告
   
1996年 「らい予防法」廃止
   
1998年 元患者13人が熊本地裁に提訴
   
1999年 東京地裁でも提訴(3月)。熊本地裁で元厚生相医務局長が「新憲法施行後のらい予防法制定は誤りだった」と証言。岡山地裁にも提訴(9月)
   
2000年 熊本地裁の訴訟が結審(1月)

 

ハンセン病 らい菌による感染症。

 感染力、発病力ともに非常に弱いが、長く治療法が確立せず、患者は顔や手が変形する症状や「遺伝病」との誤解などから生まれた激しい差別や偏見に苦しんだ。

 1940年代に米国で治療薬「プロミン」が開発されて以来、治療法の研究が進み、今では発病しても通院治療で治り、後遺症も残らない。

現在、国立13ヶ所、私立2ヶ所の療養所で約4600人が暮らしている。

     
 

らい菌

 結核菌に似た病原性細菌の1種
 温度の低いところを好むといわれ、人体では、手足の先、頭、顔 目、といった表面に症状があらわれる特徴がある
らい菌を実験動物で増殖させることが難しかったが、1970年、
アルマジロ、ヌードマウスなどが低体温動物であることに注目し、
らい菌が接種され増殖が認識された。


戻るホームに戻る