私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

くらし

子育てをしながら再就職を希望している方を支援する "マザーズサロン"

子育て女性の再就職支援シンボルマーク  厚生労働省では、子育てをしながら就職を希望している方に対して、子ども連れで来所しやすい環境を整備し、個々の希望やニーズに応じたきめ細かな就職支援を行うため、2006(平成18)年4月から東京・横浜・大阪等、全国12箇所に「マザーズハローワーク」が設置されています。
 一方で、マザーズハローワークが設置されていない地域においても子育てをしながら再就職を希望する方が多数存在しており、その支援が求められていることから、マザーズハローワークが設置されていない36県の中核となる都市の公共職業安定所に「マザーズサロン」を設置し、子育てをしながら早期の就職を希望している方に対して、希望やニーズ・状況に応じた就職実現プランの策定、予約による担当者制の職業相談、地方公共団体等との連携による保育所等の情報提供、希望やニーズを踏まえた求人の確保を行うなど、総合的かつ一貫した就職支援が行われることになっています。
 なお、マザーズサロンは、2007(平成19)年4月以降できるだけ早く順次設置されるようです。

◆マザーズサロンにおける支援内容

1  担当者制によるきめ細かなマッチング
   労働市場の具体的な状況や、希望する働き方、退職前のキャリア等を踏まえたきめ細かな相談を行い、個々の希望や状況に応じた就職実現プランを策定するとともに、予約による担当者制のキャリア・コンサルティングなど一貫した支援を行う。
2  子ども連れの方が来所・相談しやすい環境、施設
 キッズコーナー、ベビーチェアの設置等子ども連れで来所しやすい施設にするとともに、子ども連れで職業相談等が行える十分な相談スペースの確保等、利用者の立場に立ったレイアウトで、気軽に来所できる環境を整備。
3  仕事と子育ての両立に関する情報の収集・提供
   地方公共団体等の子育て女性を応援する関係機関から、保育所や子育て支援サービス等に関する情報、仕事と子育てが両立しやすい求人や事業所の情報等の提供を受け、相談窓口で提供。
4  希望やニーズを踏まえた求人の確保
   関係機関等から仕事と子育ての両立支援に熱心に取り組んでいる事業所等に関する情報提供を受け、求人開拓により求人を確保。また、就職を希望される方の希望やニーズに適合する求人がない場合には、その方の希望や適性に沿った個別の求人開拓を実施。
5  就職支援セミナー等の実施
   就職活動の具体的なノウハウ等に係る各種セミナー等を実施するとともに、関係機関が実施する再就職のための支援セミナー等についても情報提供を行う。

※1 厚生労働省のホームページ資料等より
※2 マザーズサロンの概要については、厚生労働省ホームページをご覧ください。

   http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/04/h0402-2.html


戻るホームに戻る