私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

くらし

自由利用マーク

マーク  マーク  マーク

 文化庁は、著作者(著作物を創った人)が、自分の著作物を、他人に自由に使ってもらってよいと考える場合に、その意思を表示するための「自由利用マーク」を2003年2月に策定し公開しました。
 このマークは、ホームページや写真・イラストなどの著作物において、利用目的に応じて著作者の許諾を受けずに自由に利用することができることを示します。なお、どんな利用ができるかは、マークによって異なります。

 ◆「自由利用マーク」には、次の3つの種類があります

マーク

「プリントアウト・コピー・無料配布」OKマーク

「プリントアウト」「コピー」「無料配布」のみを認めるマーク
 (会社のパンフレットにコピーして配布することなどは,営利目的の利用ですが,無料配布であればできます)


マーク

「障害者のための非営利目的利用」OKマーク



マーク

「学校教育のための非営利目的利用」OKマーク



「自由利用マーク」は、文化庁のホームページでダウンロードできるとともに、著作者の意思表示のあり方やマークのつけ方、マークのついたものを利用する時の注意事項も併せて掲載されており、利用する際には必ず確認することとなっています。


※文化庁ホームページ(http://www.bunka.go.jp/jiyuriyo/)より

戻るホームに戻る