私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

見聞

~人権に尽くした人たち~ 日本パラリンピックの父 中村 裕 博士


山下達夫

●プロフィール

社会福祉法人太陽の家 理事長
山下 達夫(やました たつお)

1959年生まれ
1歳の時に高熱が続きポリオとなり車椅子生活となる。
1977年太陽の家重度授産施設入所、1984年IT関連企業である三菱商事太陽(株)に入社し、2014年代表取締役社長、2016年会長に就任。
2018年退任と同時に太陽の家理事長に就任し「太陽の家が共生社会の先進モデルとなり、取り残される障がい者がいない社会を実現する」ことを目標に掲げ、近年は、特に精神障がい者、発達障がい者の雇用に力を入れている。

 

東京パラリンピック選手宣誓
▲1964年 東京パラリンピック選手宣誓
青野繁夫氏(箱根療養所)と中村博士

 

中村裕の生い立ちと東京パラリンピック

中村裕博士
▲中村 裕 博士

 中村裕(なかむらゆたか)は大分県別府市に生まれ、1951年九州大学医学専門部を卒業後、同大学の整形外科医局に入局しました。天児民和(あまこたみかず)名誉教授の指導の下、当時未開の分野であった医学的リハビリテーションの研究の道を歩み始め、1960年英国のストーク・マンデビル病院のルードヴィッヒ・グットマン博士の下へ留学しました。そこではリハビリテーションにスポーツを取り入れ、医師や看護師だけでなく、理学療法士、作業療法士、医療体操士、ソーシャルワーカーなどが科学的なチーム医療を実施し、実に脊髄損傷者の85%が平均6カ月で社会復帰していました。
 ひるがえって当時の日本では脊髄損傷者は、再起不能者として憐れみの対象であり、生涯を施設や病院で過ごすしかありませんでした。英国留学でグットマン博士に出会ったことで中村裕は「医師とは患者の病気を治療するだけでなく、貴重な人的資源として人間的な教育をして社会に送り出す」までが責務であるとの想いを新たにしました。
 帰国後、中村裕は障がい者スポーツの啓発と普及に乗り出し、全国に先駆けて「大分県身体障害者体育大会」を開催しました。しかし、「せっかく良くなった患者が悪化する」、「障がい者を見世物にするのか!」といった非難を受けるなどなかなか理解が進みませんでした。周囲の批判を浴びつつも、関係機関を説得して廻り、スポンサーを募り、愛車を売るなどして資金を集め、日本から初めて「国際ストーク・マンデビル競技会(後のパラリンピック)」へ自分の患者だった選手を派遣しました。
 グットマン博士と親交を深めた中村裕は、1964年東京パラリンピックの開催に尽力し、日本選手団の団長を務めました。パラリンピックでの日本選手の結果は21カ国中13番目、金メダル1個という成績でしたが、結果以上に中村裕や日本選手たちは、欧米の選手たちとの歴然とした差に強い衝撃を受けました。日本選手は病院や施設からかき集められ、そのほとんどが患者でした。一方、欧米の選手は仕事を持ち、結婚している人もいるなど、社会人として自立していました。パラリンピック終了後に日本選手53名の大半がもといた病院や施設へ帰っていったことから、「障がい者は仕事を持ち自立することが最も必要である」と考え、障がい者の働く工場「太陽の家」の創設を構想しました。

2019.9掲載

1 2  次へ

戻るホームに戻る