私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

クローズアップ

弁護士法人つくし総合法律事務所 弁護士 大胡田 誠 対話こそが共生社会を開く鍵~全盲弁護士「障害者差別解消法」を語る~

大胡田 誠

●プロフィール

大胡田 誠
(おおごだ まこと)

1977年静岡県中伊豆町(現:伊豆市)生まれ
先天性緑内障により12歳で失明する。
筑波大学付属盲学校の中学部・高等部を卒業後、慶應義塾大学法学部を経て、慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)へと進む。
8年におよぶ苦学の末に、2006年、5回目のチャレンジで司法試験に合格。全盲で司法試験に合格した日本で3人目の弁護士になった。
渋谷シビック法律事務所を経て、現在、弁護士法人つくし総合法律事務所に在籍。一般民事事件や企業法務、家事事件のほか、障がい者の人権問題にも精力的に取り組んでいる。
著書に「全盲の僕が弁護士になった理由~あきらめない心の鍛え方」(日経BP社)がある。

自己紹介

全盲弁護士の仕事

 私が弁護士となってから、早いもので7年半が過ぎました。

 この間、民事、刑事を合わせて300件を超える相談や事件処理に携わってきて、ある程度仕事への自信もついてきました。しかし、それぞれの事件には常に固有の新しい問題が含まれていて、いくら経験を積んでも、弁護士の仕事には慣れるということがありません。

 まず、全盲の弁護士である私が日々、どのような工夫で執務しているかについてお話します。

 私の現在の仕事に欠くことのできないものの一つは、PCの画面読み上げソフトです。私は、これを用い、アシスタントがスキャナという機械を使ってデータ化してくれた訴状などの書面等を読み(聞き)、判例の調査や文書作成などを行います。何かの折に、他の弁護士やスタッフなどに読み上げソフトの音声を聞かせるとその速さに驚かれることがあります。

 また、事務所が専任として付けてくれているアシスタントのサポートも私の仕事には不可欠です。例えば、活字の書面をスキャナを使って私にも読む(聞く)ことのできるテキストデータに変換してもらったり、データ化が困難な図表やグラフ、写真等を言葉で説明してもらうといったいわば机の上の作業から、刑事事件の接見、公判等への同席、参考資料のリサーチの手伝いまで、アシスタントはさまざまな場面で私の仕事を支えてくれており、まさに八面六臂の仕事振りです。

▲音声で確認 ▲アシスタントとの仕事風景

希望を手渡すこと

 現在、私が担当している案件の多くは、処理の困難な事件も少なくなく、精神的にもプレッシャーのかかるものばかりです。

 しかし、私は、日々の仕事の中でやりがいと充実感を感じることができているのも事実です。これは、おそらく、弁護士という仕事に憧れて、自らもその道を目指そうと決意したときの思いを、今、仕事の中で私なりの方法で具現化することができているからなのだと思います。

 私は、先天性緑内障のため小学校6年生の頃に失明したのですが、多感な時期でもあり、その後しばらくは、自分の障害に強いコンプレックスを抱え、将来に希望を持つことができない時期が続きました。

 しかし、中学生の頃、偶然、日本で初めて点字で司法試験に合格した竹下義樹弁護士が書いた「ぶつかってぶつかって」という本を手に取ったことが私の転機となりました。

 ここに描かれた竹下弁護士の姿は、失明したことで自分の可能性まで失われたように思っていた私に、たとえどんな困難な状態にあっても、あきらめさえしなければ自ら道を切り開いていくことは可能なのだという希望と、いつか私も弁護士になりたいという目標を与えてくれました。

 私の事務所には、さまざまな理由から現在の社会の中で生きにくさを感じ、希望を喪失している方が多く相談に来られます。自殺未遂の常習の方もいれば、相談中に、「もう死んでしまいたいですよ、先生」と言われることも珍しくありません。決してたやすいことではありませんが、私にとり、法的な知識や経験を通じて、そのような方たちの荷物を少しでも軽くして差し上げることが弁護士としての本懐です。

 時には、事件が一段落した後、「先生のような方とお会いできて、自分ももう一度がんばろうと思いました」などと言ってくれる方がいたり、服役中の男性から、「先生に大変お世話になったので、私も、刑務作業で点訳をすることにしました」などという手紙をもらうこともあります。そのような時、私が竹下先生の本からいただいた希望を、私も形を変えて手渡すことができたのかな、と、少しうれしい気持ちになるのです。

日本社会の中にある心のバリア

 ところで、次に少し私の趣味の話しをしたいと思います。私は、海外旅行が大好きで、これまでに欧米、アジア、アフリカなど、10カ国ほどを訪れてきました。

 海外を旅行すると、日本の交通機関や公共施設などのバリアフリーは、世界的に見てもとても進んでいるのだということに改めて気づかされます。例えば、これまで私が旅行したどの国の都市においても、街中で音響式信号機や点字ブロックなど、視覚障がい者の歩行を助けるための設備は、米国西海岸などのごく一部の例外を除いて、ほとんどと言ってよいほど見当たりませんでした。

 このような街では、視覚障がい者が1人で外出するのはさぞや大変だろうなと思う一方で、海外ではよく、人々の「心のバリア」の低さに驚かされることもあります。

 以前、私はグアムでスカイダイビングをやったことがあるのですが、「全盲の視覚障がい者でもできるだろうか」と内心ドキドキしながら受付で申し込みをすると、「ノープロブレム! 障害のある人もみんな飛んでるよ」という陽気な返事が返ってきました。障がい者だって「危険な遊び」くらいするさ、といった調子です。

 また、ハンブルグのホテルではこんなことがありました。そのホテルでは、シャンプーやリンスなどのボトルの形状が皆同じだったため、触って区別することができず、困ってフロントに電話すると、ほどなくして客室係の男性がやってきて、「バスジェルには輪ゴムを、シャンプーには大きなクリップ、リンスには小さなクリップをつけてみました。これでいかがでしょう」と言って、私の手を持って、それぞれのボトルを確認させてくれました。

 ところで、日本では、この「心のバリア」というのにはよく悩まされます。「火が出たら危ないから」という理由で学生寮への入居を断られたこともありましたし、盲導犬を使用している妻とコーヒーショップに入ろうとしたところ、「盲導犬であっても、犬を連れてご入店いただくことはできません」と言われて、コーヒーの代わりに「苦い涙」を飲まされるなんてこともありました。

 来年4月から、このような、日本の障がい者の生活を変えることになるかもしれない重要な法律が施行されます。それが、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」、略称「障害者差別解消法」です。以下、この差別解消法の紹介を中心に、障がい者と健常者が一緒に生きる社会とはどういう社会なのかを考えてみたいと思います。

大胡田弁護士を支える◆7つ道具◆

白杖(はくじょう)

画面読み上げソフト

視覚障がい者用腕時計

点字電子手帳


スマートフォン

点字板&点筆

レイズライター(表面作図器)


 

2016.2掲載

1 2  次へ

戻るホームに戻る