私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

書籍紹介

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

その他のバックナンバー8

書籍名

内容の概略 著者・出版社
定価・発行
アイヌ民族否定論に抗する
アイヌ民族否定論に抗する
札幌市議の「アイヌ民族、いまはもういない」発言。ネット上にあふれ、街頭にも飛び出したアイヌへのヘイトスピーチ。これらに多様な論者が「NO」を突きつける初めての一冊
編集岡和田 晃
マーク・ウィンチェスター
出版河出書房新社
定価1,900円
発行2015年1月
子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート。
~世界から児童労働をなくす方法~
子どもたちにしあわせを運ぶチョコレート。~世界から児童労働をなくす方法~
収獲されたカカオ豆は、やがておいしいチョコレートになっていきます。でも、カカオ畑では、たくさんの子どもたちが過酷な労働を強いられています。2009年、ACEがカカオの一大産地ガーナで始めた児童労働をなくす「スマイル・ガーナ プロジェクト」は、森永製菓の「1チョコ for 1スマイル」のキャンペーンと協働して、児童労働のない「しあわせを運ぶチョコレート」が発売されるまでになりました。チョコレートと児童労働─私たちを結びつけるすてきな物語!
著者白木 朋子
出版合同出版
定価1,400円
発行2015年2月
女性はなぜ活躍できないのか
女性はなぜ活躍できないのか
女性活用を妨げるものは何か?企業や国の両立支援はなぜうまくいかないのか?日本で女性が活躍するために何が必要か提言する
著者大沢 真知子
出版東洋経済新報社
定価2,000円
発行2015年2月
帰還兵はなぜ自殺するのか
帰還兵はなぜ自殺するのか
ピュリツァー賞作家が「戦争の癒えない傷」の実態に迫る傑作ノンフィクション。内田樹氏推薦!本書に主に登場するのは、5人の兵士とその家族。そのうち一人はすでに戦死し、生き残った者たちは重い精神的ストレスを負っている。妻たちは「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語り、苦悩する。戦争で何があったのか、なにがそうさせたのか。2013年、全米批評家協会賞最終候補に選ばれるなど、米国各紙で絶賛の衝撃作!
著者デイヴィッド・フィンケル
翻訳古屋 美登里
出版亜紀書房
定価2,300円
発行2015年2月
祖国の選択
~あの戦争の果て、日本と中国の狭間で~
祖国の選択~あの戦争の果て、日本と中国の狭間で~
戦中の満州や戦後の中国を生き抜いた日本人が強いられた究極の決断とは?帰国を果たした中国残留孤児の日本での苦境。家族を殺された国で日本帰国か中国残留かを迫られた女性の選択。元従軍看護婦にとっての「海の向こう」。逃避行のため子を殺すよう迫られた母が抱いた決意。三度「九死に一生を得た」兵士の運命の分かれ道。戦争孤児だった父の中国への熱い想い─。六つの「落葉帰根」の物語
著者城戸 久枝
出版新潮社
定価1,400円
発行2015年1月
パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本
パワハラにあったとき どうすればいいかわかる本
2013年度の労働局に寄せられた労働相談の内訳では、「いじめ・いやがらせ」が2年連続トップでした。本書は、職場のいじめ、パワハラを受けたとき、当事者や相談を受けた職場仲間、経営者、家族たちが、どのように対応していけばいいのかが、すぐに役立つように、マンガを使って、Q&Aでわかりやすく書いた本
著者いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター
磯村 大
出版合同出版
定価1,500円
発行2014年11月
ワーク・ライフ・バランスのすすめ
ワーク・ライフ・バランスのすすめ
なぜいま官民あげて「ワーク・ライフ・バランス」に取り組んでいるのか。その背景や実践方法について基本データや先駆的な事例を挙げて概観。普及のための視座と作法を提供する
著者村上 文
出版法律文化社
定価1,700円
発行2014年12月
感動が幸せな職場をつくる
~たんぽぽ介護の天使たち~
感動が幸せな職場をつくる~たんぽぽ介護の天使たち~
本書は、第1章で職場づくりについて、リーダーが考えるべきことを、第2章で実際に働いていらっしゃるスタッフさん(スタッフさんに寄せられたメッセージやお手紙)のレポートやエピソードを物語化したものを、第3章では実際職場づくりをしていくうえでのノウハウを紹介していただいています。私は経営者ではありませんが、それでもすぐに取り入れたいことばかりです(実際、いくつかは始めました)。人生でいちばん長く過ごす場所ともいわれる職場を、本書を使って幸せな場にしていただけたらと思います
著者筒井 健一郎
出版あさ出版
定価1,400円
発行2014年11月
介護離職から社員を守る
~ワーク・ライフ・バランスの新課題~
介護離職から社員を守る~ワーク・ライフ・バランスの新課題~
団塊の世代が75歳以上に到達する2025年。働き盛りの団塊ジュニア層が親の介護に直面することが予想されます。決して他人ごとではない介護離職!優秀な人材の流出は企業にとって一大事です。「仕事と介護の両立」のための取組を、本人、企業、社会のあらゆるレベルでスタートさせることが必要です。仕事と介護の両立を企業がどうやって支援していくべきかを、事前の情報提供や制度の見直し、柔軟な働き方という視点から解説した充実の1冊!
著者佐藤 博樹
矢島 洋子
出版労働調査会
定価1,800円
発行2014年11月
きみ江さん
~ハンセン病を生きて~
きみ江さん~ハンセン病を生きて~
元患者のきみ江さんの人生からハンセン病問題を浮き彫に「ハンセン病」はかつて不治の病、遺伝病と考えられ、患者やその家族は差別や偏見に苦しんできました。症状が、体温の低い顔や手足にあらわれたこと、また、「らい予防法」という法律により、患者の強制隔離が長く続いたことが、この人権侵害を助長してきました。1996年に「らい予防法」は、廃止されますが、差別と偏見はいまだなお、続いています。この本は、元ハンセン病患者である山内きみ江さんの生い立ちから現在までを描くことで、元患者の人生、そして、社会問題ともいえるハンセン病問題を浮き彫りにします
著者片野田 斉
出版偕成社
定価1,600円
発行2015年2月
決定版 東京空襲写真集
~アメリカ軍の無差別爆撃による被害記録~
決定版 東京空襲写真集~アメリカ軍の無差別爆撃による被害記録~
戦後70年、東京空襲の全貌を明らかにする決定版写真集。1,400枚を超える写真を集成。戦争の惨禍を知り、平和への願いを新たにする。これまで紹介されていなかった写真もふくめ、東方社、日本写真公社、石川光陽などの写真を日付ごとに網羅。詳細な解説と豊富な関連資料を付す
監修早乙女 勝元
編集東京大空襲・戦災資料センター
出版勉誠出版
定価12,000円
発行2015年1月
子どもに貧困を押しつける国・日本
子どもに貧困を押しつける国・日本
2014年7月、厚生労働省より発表された「子どもの貧困率」は16.3%。過去最悪の数字を更新した。保育や幼児教育への政府支出は「未来への投資効率が高い」とされる世界のトレンドに反して、日本の福祉は相変わらず低空飛行を続けている。そこには、日本特有の社会意識と、それを温存し利用しようとする政府の思惑が絡み合っていた。前作『子どもの最貧国・日本』に続き、福祉の新たな視座と解決策を探る
著者山野 良一
出版光文社
定価820円
発行2014年10月
関東大震災 記憶の継承~歴史・地域・運動から現在を問う~
関東大震災 記憶の継承~歴史・地域・運動から現在を問う~
「90周年」をむかえた関東大震災について、近年の研究および地域での埋もれた記憶の掘り起こし運動の成果と意義を、現在の社会状況をふまえて示す。ブックガイドや関連年表も収録
編集関東大震災90周年記念行事実行委員会
出版日本経済評論社
定価3,000円
発行2014年10月
さまよえる町~フクシマ曝心地の「心の声」を追って~
さまよえる町~フクシマ曝心地の「心の声」を追って~
福島原発事故で「ふるさと」も「生活の場」も失った人々。「全町避難」となった“曝心地”大熊町の1万人余は、役場の移転とともにさまよい続け、散り散りになり、異境の町で死を迎える人もある
著者三山 喬
出版東海教育研究所
定価1,800円
発行2014年11月
アイヌの世界を旅する
アイヌの世界を旅する
旅に出て知る先住民族アイヌの世界!北海道全域に広がる、様々なアイヌ文化ゆかりの地を案内するとともに、アイヌ民族についての基本的な知識が豊富なビジュアルと美しい写真で多角的にわかる、アイヌ文化への画期的なガイドブック。
監修北原 次郎太
出版平凡社
定価1,200円
発行2014年10月
あなたを自殺させない
~命の相談所「蜘蛛の糸」佐藤久男の闘い~
あなたを自殺させない ~命の相談所「蜘蛛の糸」佐藤久男の闘い~
地域を支えてきた中小企業の経営者たちが、なぜ次々と死ななければならないのか!?事業で失敗し追い詰められてみずから死を選んでしまう人たちを救おうと、2002年、自殺率ワースト1位の秋田でNPO法人「蜘蛛の糸」を立ち上げた佐藤久男。佐藤は、民・学・官の連携によって実際に自殺者を大幅に減らしていった。秋田で、被災地で、日本各地で、佐藤は何を考え、何をしてきたのか。その難業の軌跡を追う。
著者中村 智志
出版新潮社
定価1,500円
発行2014年10月
地を這う祈り
地を這う祈り
今この瞬間の飢えを凌ぐため、子供は蛆にまみれた生ごみを口に運び、今日を生きる金を得るために路上売春婦は自らの身体を売る。そして多くの喜捨を得ようと子供の手足を切断し、街中に立たせるマフィア-。インド、アフガニスタン、アフリカなど世界各地のスラムで生活を共にすることで見えてきた、弱者が踏み躙られる現実。苛酷な運命を炙り出す、衝撃のフォト・ルポルタージュ。
著者石井 光太
出版新潮社
定価670円
発行2014年11月
人事部主導によるパワハラ解決と管理者研修ドリル
溺れるものと救われるもの
企業の人事担当者として40年、産業カウンセラーとして15年のキャリアを持つ著者が、パワハラの予防と解決のために、第1部のカウンセリング小説を読んで頂くことによってパワハラの構造や課題の本質等を大まかに理解して頂き、第2部でパワハラの定義、第3部では人事部主導で管理職研修に活用できる予防のための実践ドリルを紹介しています
著者小原 新
出版経営書院
定価1,600円
発行2014年10月
スクールセクハラ
~なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか~
スクールセクハラ ~なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか~
相手が先生だから、抵抗できなかった--
一部の不心得者の問題ではない。学校だから起きる性犯罪の実態。10年以上にわたって取材を続けてきたジャーナリストによる執念のドキュメント
著者池谷 孝司
出版幻冬舎
定価1,400円
発行2014年10月
ルポ・罪と更生
ルポ・罪と更生
捜査・公判・刑罰の執行・更生など、刑事司法の全過程を概観。取材班渾身のルポを中心に、基礎知識についてもわかりやすく解説。リアルな現場を徹底取材した大好評連載「罪と更生」の書籍化。司法福祉の入門書としても最適
著者西日本新聞社会部
出版法律文化社
定価2,300円
発行2014年8月
書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。
前へ 10 9 8 7 6  次へ

バックナンバー

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

ホームに戻る