私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

書籍紹介

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

その他のバックナンバー5

書籍名

内容の概略 著者・出版社
定価・発行
アルビノを生きる
アルビノを生きる
白い髪に白い肌。弱視で紫外線に弱い「アルビノ」。彼らの多くは学校や地域社会、そして家族からも除け者扱いされてきた。「見た目」から来る差別にさらされ続けた人々の葛藤に寄り添ったルポ。今を懸命に生きるアルビノの人達。少数派として生を受ける子どもたち。彼らが自分らしい人生をまっとうできるように、変わらなくてはならないのは私たち多数派の方だ。
著者川名 紀美
出版河出書房新社
定価2,310円
発行2013年6月
受精卵診断と出生前診断
〜その導入をめぐる争いの現代史〜
受精卵診断と出生前診断 〜その導入をめぐる争いの現代史〜
「流産防止」か「いのちの選別」か
日本における受精卵診断導入をめぐる論争の経緯を、日本産科婦人科学会と障害者と女性からなる市民団体との論争を中心にたどり、いかなるパワーポリティクスのもとで論争の文脈が変化し、この技術が導入されていったのかを明らかにする。ダウン症判定をはじめ今また様々な論議を呼んでいる出生前診断、その論争点を提示する必読の書。
著者利光 惠子
出版生活書院
定価3,150円
発行2012年11月
ネガポ辞典
ネガポ辞典
テレビ各局で紹介され話題のアプリが書籍になって登場!ネガティブワードをポジティブに言い換える辞典です。暗い言葉もビックリするほど明るく変身。書籍オリジナルコンテンツも満載です!「ストライクTV」(テレビ朝日系)、「テストの花道」(NHK)、「王様のブランチ」(TBS系)など各局で紹介されダウンロード数も急増中のアプリです。あくどい⇒情にほだされない、あほう⇒わかりやすい、言い訳をする⇒状況判断が早い、などなどポジティブ変換しまくりの1冊です。書籍だけでしか読めない未公開フレーズや会話・メールでの言いかえ使用例なども満載!
編集ネガポ辞典制作委員会
出版主婦の友社
定価1,050円
発行2013年4 月
置かれた場所で咲きなさい
置かれた場所で咲きなさい
時間の使い方は、そのままいのちの使い方。置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです。「こんなはずじゃなかった」と思う時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。
編集渡辺 和子
出版幻冬舎
定価1,000円
発行2013年2月
夫婦格差社会
夫婦格差社会
格差が拡大しつつある日本。家族の最小単位である「夫婦」もその流れに拍車をかけている。さまざまなデータに基づき、日本の夫婦の今を探ると見えてくるのは、夫の所得と無関係に働くようになった妻の影響力の大きさだ。医師夫婦に代表されるパワーカップルと、対極にある若いウィークカップルなど、興味深い事例を紹介。また、結婚できない人たちから、離婚、そして地域差まで視野を広げ、夫婦をめぐる格差を考える。
編集橘木 俊詔
迫田 さやか
出版中央公論新社
定価798円
発行2013年2月
戦争と飢餓
戦争と飢餓
第2次世界大戦は食糧をめぐる熾烈な戦いだった!
大戦中の各国は、膨大な軍隊や自国の国民をいかにして養ったのか?
「食糧」というまったく新しい視線で戦争を分析した画期的名著!
著者リジー・コリンガム
翻訳宇丹 貴代実
黒輪 篤嗣
出版河出書房新社
定価4,725円
発行2012年12月
<新装版>
思いやりのこころ
〜人はみな ひとりでは生きてゆけない〜
思いやりのこころ 〜人はみな ひとりでは生きてゆけない〜
東日本沿岸を襲った大震災は、私たちに、大きな衝撃を与え、再び築いてもいつかまた・・・という不安がなくなりません。
こんな悲しさ、不安を和らげてくれるもの、それはやはり、人の心の温かさです。私たちは、人間としての大切な心を、見失っていたのではないでしょうか。相手を思いやる心は、私たちが昔から大切にしてきたものです。そんな「思いやりの心」を、本書では、歴史に名をはせた人たちのエピソードや、おもてなしの心が光る『徒然草』、公募で寄せられた24編の体験談で、見つめ直します。
編集木村 耕一
出版1万年堂出版
定価1,155円
発行2013年3 月
新版 いじめの根っこ
〜子供のサインを見逃さないために〜
新版 いじめの根っこ〜子供のサインを見逃さないために〜
なぜいじめられるのか?なぜいじめるのか?
親が自分の心の中を見つめれば気がつき、そこから行動すれば間に合います。40万人に読まれた名著、待望の新版刊行!
著者内田 玲子
出版近代文藝社
定価1,300円
発行2012年11月
頑張って生きよう!ご同輩
〜定年退職した男たち〜
頑張って生きよう!ご同輩〜定年退職した男たち〜
もう「粗大ゴミ」「濡れ落ち葉」とは呼ばせない!!
近未来に立ち向かういじらしくも、けなげなシニアの本音
著者高齢社会NGO連携協議会
出版博文館新社
定価1,260円
発行2012年11月
人権CSRガイドライン
〜企業経営に人権を組み込むとは〜
人権CSRガイドライン〜企業経営に人権を組み込むとは〜
ISO26000(社会的責任規格)や国連「ビジネスと人権に関する指導原則」といった企業に関連した国際的な人権規範を、日本国内でどう適用できるのかを、約140の自己診断指標として具体化したもの。
著者菅原 絵美
出版解放出版社
定価1,575円
発行2013年03月
はだしのゲン
〜わたしの遺書〜
はだしのゲン〜わたしの遺書〜
「忘れてしまうことが大事なこともあるが、これだけは忘れてはいけない」「はだしのゲン」作者が次の世代に遺す心からのメッセージ
小学1年生のとき、広島で被爆し、父、姉、弟、妹を亡くした著者(73歳)が、どうしても、伝えておかなければという気持ちから著したのが本書です。原爆と原発について、またそれを乗り越える人間のたくましさについて、自身の半生を振り返りながら語っています。「はだしのゲン」の印象的なページも抜粋して、多数掲載しています。
著者中沢 啓治
出版朝日学生新聞社
定価1,365円
発行2012年12月
ファスト&スロー 
〜あなたの意思はどのように決まるか?〜
(上巻)
ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか?〜(上巻)
私たちは日々、無数の意思決定をなかば自動的に行なっている。カーネマンは、直感的、感情的な「速い思考」と意識的、論理的な「遅い思考」の比喩をたくみに使いながら、意思決定の仕組みを解き明かし、私たちの判断がいかに錯覚の影響を受けているかを浮き彫りにしていく。プライベートやビジネス、政治における、よりよい決断への道筋を示し、あなたの人間観、世界観を一変させる、21世紀に生きるすべての人、必読のノンフィクション。
著者ダニエル・カーネマン
出版早川書房
定価2,205円
発行2012年11月
俳句セラピー入門
〜自然な心で生きる〜
俳句セラピー入門 〜自然な心で生きる〜
自らのうつ体験をとおして考案した俳句セラピー。不安・孤独・疲れ・悩みをかかえる人達が俳句を作るなかで心を快復していくセラピーの基本や行い方を紹介。仲間の句も掲載。
著者弘 さらり
出版解放出版社
定価1,365円
発行2012年11月
悲しみを生きる力に
〜被害者遺族からあなたへ〜
悲しみを生きる力に 〜被害者遺族からあなたへ〜
2000年12月、一家4人が殺害された「世田谷事件」。突然,妹一家を失った著者は、絶望のどん底に突き落とされる。周囲の偏見、心ない報道、愛する家族を助けられなかった自責の思い……。深い悲しみに向き合うなかで、どのように生きる意味をつかんだのか。つらく、悲しい思いを抱えるあなたへ送る希望のメッセージ。
著者入江 杏
出版岩波書店
定価882円
発行2013年1月
エンジェルフライト
〜国際霊柩送還士〜
エンジェルフライト 〜国際霊柩送還士〜
国境を越えて遺体を家族のもとへ送り届けるのが国際霊柩送還士の仕事。日本初の専門会社で働く人々と遺族の取材を通して、筆者は人が人を弔うことの意味、日本人としての「死」の捉え方を知る。第10回開高健ノンフィクション賞受賞作
著者佐々 涼子
出版集英社
定価1,575円
発行2012年11月
福島、飯館 それでも世界は美しい
〜原発避難の悲しみを生きて〜
福島、飯館 それでも世界は美しい 〜原発避難の悲しみを生きて〜
4年前に夫を亡くし傷心の日々を友に支えられ飯館村で暮らしていたが、立ち直りかけたとき原発事故に遭遇。夫の魂が宿る村から離れがたく、福島県内に避難しながら月に数度村に通う日々。この苦しみをどう乗り越え、生き延びていくか。震災から1年の魂の記録。
著者小林 麻里
出版明石書店
定価1,890円
発行2012年5月
世界の99%を貧困にする経済
世界の99%を貧困にする経済
「21世紀のケインズ」の異名をとるノーベル賞作家が書き下ろす世界同時恐慌時代の行方。ウォール街占拠デモにも参加、99%の貧困層と1%の富裕層という歪な社会構造を生み出してしまったアメリカ経済の暗部を追及する。
著者ジョセフ・E・スティグリッツ
翻訳楡井浩一、峯村利哉
出版徳間書店
定価1,995円
発行2012年7月
大阪アースダイバー
大阪アースダイバー
著者は、心の無意識までを含んだ四次元の地図を作成する作業の全体を、「アースダイバー」と名づけて、土地のもつ「本当の姿」を明らかにしていきます。今回その対象となるのは、大阪です。現在の大阪は5000年前にはほとんどが海面下にありました。南北に走る細長い上町台地だけが、古くからある陸地です。一方ミナミ、キタ、ナニワなど大阪の中心地は、「くらげなす」砂州の上に成立し、それゆえに浮遊する世界=都市=商業を発展させえたということになります。自由な都市は、海民・渡来人を受け入れ、商業を発展させ、お笑いに革命を起こし、オバチャンを生む。
著者中沢 新一
出版講談社
定価1,995円
発行2012年10月
平成24年版厚生労働白書
〜社会保障を考える〜
平成24年版厚生労働白書
社会保障を中心とした厚生労働白書で、第2部/現下の政策課題への対応⇒第7章/安心して働くことのできる環境整備⇒「5/職場のパワーハラスメント問題の予防・解決に向けた環境整備について」の項目では、当会からもメンバーの一員に参加してまとめた「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」の提言が501〜504ページに亘って掲載されています。厚労省HPからも参照できます。
編集厚生労働省
出版日経印刷
定価3,200円
発行2012年9月
拉致と決断
拉致と決断
「北」での24年間を初めて綴った迫真の手記!
監視下の生活、偽装経歴、脱出の誘惑、洗脳教育、'94年核危機と開戦の恐怖、検閲を潜った親父の写真、飢餓と配給、電撃帰国の真相……感涙のドキュメント。
著者蓮池 薫
出版新潮社
定価1,365円
発行2012年10月
書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。
前へ 7 6 5 4 3  次へ

バックナンバー

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

ホームに戻る