私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

書籍紹介

お薦めする人権関係図書です

新着図書

ジャンル

書籍名

内容の概略 著者・出版社
定価・発行
同和問題 ネット上の部落差別と今後の課題
~「部落差別解消推進法」をふまえて~
ネット上の部落差別と今後の課題~「部落差別解消推進法」をふまえて~
「ネットと部落差別研究会」の取組の一環として、『ネット上の部落差別と今後の課題』を刊行しました
著者 (一社)部落解放・人権研究所
出版 (一社)部落解放・人権研究所
定価 1,000円
発行 2018年6月
障がい者 目に見えない世界を歩く
~「全盲」のフィールドワーク~
目に見えない世界を歩く~「全盲」のフィールドワーク~
目が見えない人は、目に見えない世界を知っている―。障害当事者という立場から盲人史研究に取り組み、現在は独自の〈触文化論〉を展開する文化人類学者がその半生と研究の最前線を綴る。「全盲」から考える社会、文化、人間。目が見えないからこそ見える世界とは
著者 広瀬 浩二郎
出版 平凡社
定価 820円
発行 2017年12月
女性・性差別 「ふつう」ってなんだ?
~LGBTについて知る本~
「ふつう」ってなんだ?~LGBTについて知る本~
「男」か「女」で単純に性別を分けられない人が日本には7.6%いる。(40人の教室に約3人)この本を読めば、性の多様性について正しく学べ、お互いの理解を深められる。日常や学校現場での事例を、マンガと図解で小中学生に読みやすく解説
監修 特定非営利活動法人ReBit
漫画 殿ヶ谷美由記
出版 学研プラス
定価 4,800円
発行 2018年2月
女性・性差別 カミングアウト
カミングアウト
自分が性的少数者であることを、打ち明けること-それは自己を引き受けると同時に必然的にわたし/あなたの関係の再構築を要請する。ときには関係の破綻に至ることを覚悟しながら、人は「告白」する。「再-関係」をめぐる葛藤を、実例に沿って描く
著者 砂川 秀樹
出版 朝日新書
定価 760円
発行 2018年4月
その他 朝鮮人とアイヌ民族の歴史的つながり
朝鮮人とアイヌ民族の歴史的つながり
戦時下の北海道で過酷な労働を強いられ逃げた朝鮮人をアイヌの人々は匿い続けた。丹念な調査から見えてきた知られざるマイノリティの歴史。〈近代アイヌ史〉〈在日コリアン形成史〉に一石を投じる本
著者 石 純姫(ソク スニ)
出版 寿郎社
定価 2,200円
発行 2017年7月
その他 一人でもだいじょうぶ
「仕事を辞めずに介護する」
一人でもだいじょうぶ「仕事を辞めずに介護する」
さらば!介護離職。チェックリストで自身の立ち位置に気づき、お役立ち情報で具体的な手立てを知る。働く人が抱える、「10大介護不安」は、こうすれば乗り切れる!
著者 越智 登代子
出版 日本評論社
定価 1,400円
発行 2017年9月
書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。

ホームに戻る

バックナンバー

同和問題障がい者女性・性差別人権全般外国人その他