私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

書籍紹介

お薦めする人権関係図書です

6月の図書

ジャンル

書籍名

内容の概略 著者・出版社
定価・発行
障がい者 障害者が街を歩けば差別に当たる!?
障害者が街を歩けば差別に当たる!?
何が差別で、「合理的配慮」はどこまで提供すべきか、実際に受けた差別事例を分析し、当事者の視点からガイドラインを提示
著者 DPI日本会議
出版 現代書館
定価 1,600円
発行 2017年12月
人権全般 「国境なき医師団」を見に行く
「国境なき医師団」を見に行く
生きることは難しい。けれど人間には仲間がいる。―大地震の傷跡が残るハイチで、中東・アフリカから難民が集まるギリシャの難民キャンプで、フィリピンのスラムで、南スーダンからの難民が100万人を超えたウガンダの国境地帯で。作家・いとうせいこうが「国境なき医師団」の活動に同行し、世界のリアルな現場を訪ねて描いた傑作ルポルタージュ。日本の小説家がとらえた「世界の今」と「人間の希望」とは?
著者 いとうせいこう
出版 講談社
定価 1,850円
発行 2017年11月
その他 ダークツーリズム入門 ~日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅~
ダークツーリズム入門~日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅~
アウシュビッツ収容所、チェルノブイリ原子力発電所、グラウンド・ゼロ、福島第一原発など、世界を震撼させた悲劇の舞台への「巡礼の旅」がいま、人気を集めている。また、数々のジャーナリストや評論家なども現地を訪れ、その論考にも注目が集まっている。実際に現地を訪れると、悲しみや嘆き、狂気、ユーモア、強さなど、さまざまな感情が醸し出す空気が漂っている。不幸な歴史の記憶を後世に伝えるために訪れておきたい、世界と日本の31カ所を網羅した入門書
著者 風来堂
出版 イースト・プレス
定価 1,500円
発行 2017年9月
書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。

ホームに戻る

バックナンバー

同和問題障がい者女性・性差別人権全般外国人その他