私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

トピックス

2003年度「人権啓発フェスティバル」開催される

 恒例の人権啓発フェスティバルが、法務省・東京都等の後援で8月29日・30日の二日間東京都庁ふれあい広場(都民広場)・ふれあいステーション(新宿駅西口イベントコーナー)を中心に開催されました。  両日共に天候に恵まれ、ご来場者は、約4万人と大変盛況でした。

東京会場の地域テーマは「東京発 “ヒューマンウエーブ” 〜心と心 笑顔のふれあい〜」。
これをもとに、「一人ひとりが身近なことから人権問題を考え、人権感覚を育てる」という目的で諸団体による人権啓発パネル展、人権に関する資料展等の展示や講演会、人権シンポジウムが行われました。

 当会は企業の立場で、人権尊重の社会の創造をめざしており、その活動の一環として協賛参加をしています。
 今回の展示ブースは、当会の活動を紹介するとともに、出展のコンセプトを “ 家族と学ぶ身近な人権 ”とし、個人の人権意識は家庭などの日常生活の中で芽生えるものから、ご来場された方々に人権を身近に触れて、見て、聞ける情報ステーションとしました。主な展示は、バリアフリー製品などが実装展示されました。

2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真 2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真

2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真 2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真

2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真 2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真

2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真 2003年度「人権啓発フェスティバル」の写真

(写真をクリックすると拡大表示します)


戻るホームに戻る