私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

トピックス

2002年度 「人権啓発標語」入選作品の紹介

 東京人権啓発企業連絡会が2002年度人権週間事業の一環として、人権啓発標語の募集を行いました。その結果、応募総数は、356,852点【内訳:327,610点(職場の部)、29,242点(家族の部)】でした。
 沢山の応募作品の中から、今回は、家族の部の入選作品を紹介致します。


☆2002年度 人権啓発標語
 ●最優秀標語・家族の部
きみとぼく ちがう性格 ちがう顔 だけど持ってる おんなじ人権  高橋 悠一
(タカハシ ユウイチ)

 ●優秀賞・家族の部
作品 作者 所属
親として まずは見せます行動で
   人権守って 進め未来へ
景山 美佐子
(カゲヤマ ミサコ)
山崎製パン
(景山 雅則) 妻
子どもはちゃんとみているよ 
   大人のすること 話すこと
横井 晴美
(ヨコイ ハルミ)
三菱地所ビルマネジメント
(横井 吉光) 妻
やさしさを あつめて作る
          あったか未来
黒沢 きぬ子
(クロサワ キヌコ)
三井住友銀行
(黒沢 裕之) 妻
けんかして
 すぐなかなおり ちいさなこ
  どうして おとなは できないの
土屋 慎太郎
(ヒジヤ シンタロウ)
オリエントコーポレーション
(土屋 雅昭) 子
みんなの笑顔はぼくらの太陽
   溶かしてしまえ差別の心
森田 峻平
(モリタ シュンペイ)
大和銀行 
(森田 充洋) 子
人権は、権利と義務と思いやり
       3つ揃って守られる
村瀬 寛美
(ムラセ ヒロミ)
資生堂販売
(村瀬 雅子) 子
気づいてほしい、
     小さな私の、
         大きな人権
小田 竜也
(オダ タツヤ)
信越化学工業
(小田 博之) 子
あの子も この子も 地球の宝
     「人権」守って明るい未来
栗原 美子
(クリハラ ヨシコ)
関 配
(栗原 信 ) 妻
【東京ガス】
人権を子どもに教える難しさ
    いつかわかると願うより
       共に学ぶことから第一歩
久田 登紀子
(ヒサダ トキコ)
みずほ銀行
(久田 賢 ) 妻
見つめているよ
   子どもの目
    大人が気づかぬ 差別の心
鈴木 広子
(スズキ ヒロコ)
東京三菱銀行
(鈴木 輝夫) 妻
人の価値 命の尊さみな同じ
   差別する 心のおごり なくそうよ
矢野 沙織
(ヤノ サオリ)
仲岡建設
(矢野 弘美) 子


 ●佳作・家族の部
作品 作者 所属
いじめは してもされても心が痛い
   だからなくそう僕たちで!
伊藤 大樹
(イトウ ダイキ)
住友信託銀行
(伊藤 由美) 子
いやだなあ 差別ばかりの世の中は
   ぼくらのチャンス みな平等
佐藤 智大
(サトウ トモヒロ)
安田生命保険
(佐藤 忠義) 子
なって欲しいな
いじめに負けない強い子よりも
いじめをしない優しい子

なって欲しいな
いじめを許さぬ世の中よりも
いじめが無くなる世の中に
高橋 智恵子
(タカハシ チエコ)
五洋建設
(高橋 賢次) 妻
相手を思う優しさあれば 
  すぐに無くせる 差別と偏見
高木 優美
(タカギ ユウミ)
NKK
(高木 尚喜) 子
大人が作る子供の偏見、
   子供で気付く大人の偏見
磯田 由紀
(イソダ ユキ)
東京海上火災保険
(磯田 孝義) 妻
どうしてあのこじゃいけないの
   みんなおなじ人なのに
中川 健史
(ナカガワ タケシ)
三菱自動車工業
(中川 康弘) 子
大事なことに気づこうよ
  心の垣根を外してみれば
    笑顔がのぞく人権意識
三室 英子
(ミムロ エイコ)
大和証券
(三室 典子) 母
自ら示そう、小さなやさしさ、
   必ず無くせる、いじめや差別
永野 伊豆見
(ナガノ イズミ)
信越化学工業
(永野 信夫) 妻
思いやりの 心を伝える親子の会話
       子どもはあなたの鏡です
高安 泰輔
(タカヤス タイスケ)
ソニーPCLハッソー
(高安 和枝) 子
やっちゃダメ!
   みんながイヤな いじめや差別
遠山 瑞恵
(トオヤマ ミズエ)
東日本旅客鉄道
(遠山 敏栄) 子 
やめましょう
   見た目で判断 思いこみ
      傷つく心が あるんだよ
古川 あゆみ
(フルカワ アユミ)
エーザイ
(古川 美佐子) 子
サングラス
   おしゃれでかければいいけれど
      かけてはいけない色メガネ
吉岡 玲子
(ヨシオカ レイコ)
ノザワ商事
(吉岡 謙治) 母

戻るホームに戻る