私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

インフォメーション

2019年度「児童福祉週間」の標語が決定しました

 厚生労働省は、2019年度「児童福祉週間」の標語を、山口県の吉村 唯(よしむら ゆい)さん(14歳)の作品に決定しました。

<2019年度児童福祉週間標語>
「その気持ち 誰かを笑顔にさせる種」

今回選定された標語は、児童福祉週間の象徴として広報・啓発ポスターをはじめ、全国各地で実施される事業や行事などで幅広く活用されます。
 厚生労働省は「児童福祉週間」の標語を毎年募集しており、2019年度は全国から11,961作品の応募がありました。有識者などで構成される標語選定委員会で選考した結果、同作品が最優秀作品に選ばれました。
 なお、あわせて選ばれた入選作(11作品)も同時に発表されています。

詳細は、以下のHPをご覧ください。
○厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192253_00001.html

2019.4掲載

戻るホームに戻る