私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

あゆみ

ハンセン病問題基本法(正式名:ハンセン病問題の解決の促進に関する法律)

 全国13の国立ハンセン病療養所の入所者の方々が、地域社会から孤立することなく安心して生活する場とするために、療養所を多目的な施設として地域へ開放するなどを通して、地域や市民に広くひらかれた療養所とする「ハンセン病問題基本法」(正式名:ハンセン病問題の解決の促進に関する法律)が2008(平成20)年6月(6日に衆議院、11日に参議院)に可決されました。
 この法律は、2009(平成21)年4月から施行されます。
法律の主な内容は、次のとおりです。

  1. 国は、入所者に対する必要な療養が確保されるよう、必要な措置を講ずるものとする。
  2. 国は、入所者の意思に反して、現に入所している国立ハンセン病療養所から当該入所者を退所させ、又は転所させてはならない。
  3. 国は、医師、看護師及び介護員の確保等国立ハンセン病療養所における医療及び介護に関する体制の整備のために必要な措置を講ずるよう努めるものとする。
  4. 国は、入所者の生活環境が地域社会から孤立することのないようにする等入所者の良好な生活環境の確保を図るため、国立ハンセン病療養所の土地、建物、設備等を地方公共団体又は地域住民等の利用に供する等必要な措置を講ずることができる。
  5. 国は、ハンセン病の患者であった者等の名誉の回復を図るため、国立のハンセン病資料館の設置、歴史的建造物の保存等ハンセン病及びハンセン病対策の歴史に関する正しい知識の普及啓発その他必要な措置を講ずるものとする。等です。

≪全国の国立ハンセン病療養所≫
  • 国立療養所松丘保養園(青森県)
  • 国立療養所栗生楽泉園(群馬県)
  • 国立駿河療養所(静岡県)
  • 国立療養所邑久光明園(岡山県)
  • 国立療養所菊池恵楓園(熊本県)
  • 国立療養所奄美和光園(鹿児島県)
  • 国立療養所宮古南静園(沖縄県)
  • 国立療養所東北新生園(宮城県)
  • 国立療養所多磨全生園(東京都)
  • 国立療養所長島愛生園(岡山県)
  • 国立療養所大島青松園(香川県)
  • 国立療養所星塚敬愛園(鹿児島県)
  • 国立療養所沖縄愛楽園(沖縄県)


※出所:
・衆議院ホームページ資料「ハンセン病問題基本法」より
 http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm
前へ 1 2 

戻るホームに戻る