私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

くらし

裁判員制度のシンボルマーク

 最高裁判所では,国民の皆さんに裁判員制度について,より親しみを持っていただけるよう,裁判員制度を象徴するシンボルマークを作成しました。このシンボルマークは,各種の広報活動に利用する予定です。シンボルマークを通じて,国民の皆さんに裁判員制度を広く知っていただくことを目的としています。
 裁判員制度は,国民から無作為に選ばれた裁判員が,殺人,傷害致死などの重大事件の刑事裁判で裁判官と一緒に裁判をするという制度です。
2009(平成21)年5月までの間に裁判員制度がスタートします。

◆シンボルマークの意味

シンボルマーク

<かたち>
2つの円は「裁判官」と「裁判員」を表しています。
2つの円が交わることで協力し合う姿勢を表しています。
「∞」(無限大)を表現しています。法律を熟知した専門家である裁判官と,一般国民の代表である裁判員が協力し合うことで生じる効果が無限大であることを表しています。

<いろ>
親しみやすいパステル調の色合いをベースに,赤みがかった部分は「活発さ,情熱」を表現し,青みがかった部分は「冷静な判断」を表現しています。
どちらの色が裁判官,裁判員という区別はしていません。

イメージ

<イメージ>
「裁判員」のローマ字表記の頭文字「S」も表現しています。


戻るホームに戻る