私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

見聞

東京ジャーミイを訪ね、イスラームを発見する

東京ジャーミイ・トルコ文化センター
広報出版担当
下山 茂

下山茂

●プロフィール

下山 茂(しもやましげる)

1949年岡山県生まれ
早稲田大学第一政経学部入学、探検部に所属し「早稲田大学第二次ナイル河全域踏査隊」の一員としてアフリカのスーダンヘ。帰国後、出版社勤務のかたわら27歳でイスラーム教徒となり、イスラームの書籍の編集・出版にも携わる。

トルコ共和国大使と見学者
▲トルコ共和国大使と見学者

ロシア革命を逃れ日本へ

 渋谷区代々木上原の住宅街に日本最大級のモスクがある。
 ミナレッ卜(尖塔)とたおかやなドーム屋根が特徴的なこの建物には「物語」がある。1917年、モスクワでロシア革命が起きる。革命軍によってトルコ系タタール人が迫害を受ける。イスラーム教徒である彼らは、宗教を禁止され家々に火を放たれ祖国を捨てて逃げる。トルコや中国へ、さらに一部の人たちはシベリア経由で日本にまで来る。
 代々木の杜に安住の地を見つけたタタール人たちは、ラシャという洋服の布地を商って生計を立てる。そして太平洋戦争前夜ともいえる1938年5月、「東京回教礼拝堂」を開設した。
 だがこの東京在住のイスラーム教徒たちの心の拠りどころとなった礼拝堂は、1986年、壁に雨水が入るようになり完全に取り壊され、48年という短い歴史の幕を閉じる。その後トルコで寄付金が集められ2000年に竣工したのが現在の「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」である。床の大理石、装飾タイル、家具調度品など建築材料の多くがトルコ産で、トルコの職人たちが内装を施し天井や壁にアラビア語でコーランの一節を描いていった。
 東京ジャーミイは外からは重厚なイメージを伝えてくるが、礼拝堂に一歩足を踏み入れ仰ぎ見ると、神が創った宇宙をイメージさせる高いドーム天井、ブルーの装飾タイル、ステンドグラスの赤や緑が壁面を織りなし、内部は繊細で壮麗なオスマン朝のモスクが再現されている。

神の前での人間の平等

 東京ジャーミイという礼拝堂の「もっとも大切なものは何か」と問われれば、それは間違いなく、ミヒラーブという聖地メッカのカアバ神殿の方角を示す壁の凹みである。イスラーム教徒は必ずこの方角に向かって礼拝に立つ。
 ことにモスクでの集団礼拝は横一列に並び、縦には並ばない。縦とはすなわち序列、横は対等を表す。イスラーム教徒にとって序列は、唯一、神アッラーが上、人間が下となる。そして信者同士は肩と肩が触れ合うくらいに皮膚の色(人種)、民族、国籍、貧富の差、社会的肩書きを超えて横一列に並ぶ。
 2015年10月トルコからエルドアン大統領が来日し、日没の礼拝に参列したときにも大統領は運転手、ガードマンたちと並んで礼拝を捧げた。そこには「神の前での人間の平等」というメッセージがこめられている。
 またイスラーム教徒は一日五回礼拝に立つことはよく知られている。五回という回数が多いと思う人が少なくない。だがこの礼拝の回数と時間は食事の時間とよく似ている。朝、昼、晩、そこに午後三時のおやつ、夜食を加えれば五回となる。人が生きていくために食事から得る栄養やエネルギー源は不可欠である。食事から得る糧が体にとって不可欠ならば、イスラームの礼拝は「心の糧」となっているのである。

東京ジャーミイ外観
▲東京ジャーミイ外観
東京ジャーミイ礼拝堂
▲東京ジャーミイ礼拝堂
1  2  次へ

2018.10掲載

戻るホームに戻る