私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

見聞

「モンテンルパの夜は更けて」〜BC級戦犯の命を救った人びと〜(その1)

 1945年(昭和20年)2月、日米両軍によるマニラ市街戦では日本兵はほぼ全滅。死者は一万六千人を超えました。一方で巻き添えにされたフィリピン民間人は、十万人にも及ぶといわれています。
 今回は、終戦後もなお、フィリピンで抑留されていた戦犯者たちの命を救った人びとの足跡を紹介します。

◆ モンテンルパ刑務所

 フィリピン・マニラ市内から南に約30キロ、サンペドロの町に近い丘陵地にある刑務所です。モンテンルパ市の丘の上にあるので、通称、モンテンルパ刑務所と呼ばれました。第二次世界大戦終結後、フィリピン全土で捕らわれた日本人(朝鮮人、台湾人を含む)が戦犯か否かの選別をされ、最終的に百数十人がここに送られてきていました。1949年(昭和24年)時点での受刑者は、死刑囚74人、無期刑30人、有期刑29人で重刑が圧倒的でした。彼等は、BC級戦犯者(※)でした。過酷な環境に押し込められて、日本からの救いの手は一切なく長い間、放置されていたのでした。

モンテンルパ刑務所 モンテンルパ刑務所 モンテンルパ刑務所
▲モンテンルパ刑務所(左、中、右)


◆ 教誨師 加賀尾 秀忍(きょうかいし かがお しゅうにん)

 加賀尾は、1901年(明治34年)、岡山県で生まれました。1929年(昭和4年)、京都大学卒業と同時に真言宗宝蔵院の住職となります。1949年(昭和24年)48歳の時に、比島戦争裁判の教誨師を委嘱されマニラに渡ります。約6か月間の予定でしたが、結局全員が帰国できる日まで「モンテンルパ僧正」と呼ばれ、戦犯者たちの父として苦楽を共にしました。

◆ 戦犯留守家族を支えた 植木 信吉

 植木は、1921年(大正11年)、新潟で生まれました。1947年(昭和22年)、復員局法務調査部の事務官をしていましたが比島戦争裁判関係業務担当を命ぜられます。

 当時、戦犯留守家族に対する人びとの目は決して温かいものではなく「戦争犠牲者」だと考えてくれる人は少なかったようです。学校で友達から「お前のお父さんは戦犯じゃないか」と、なじられる子ども。夫が戦犯者だと分かって就職を断られた妻など。

 植木は「問天会」という留守家族会を結成します。そして留守家族をまとめ上げ全員釈放のその日まで機関誌を発行し続け、さまざまな情報を伝えました。加賀尾を父とするならば、植木は兄という存在でした。

◆ 朝日新聞記者 辻 豊

日本軍砲台
▲日本軍砲台
 辻は、1952年(昭和27年)、日比賠償予備会談の取材目的でマニラに飛びました。「暇があったら一度訪ねてみようか」といった程度の心構えで刑務所に行き、加賀尾の案内のもとに106人の戦犯者と会いました。とりとめのないことをしゃべっているうちに辻は、偶然にも海軍予備校生だった同期の人間たちと出会い、想像もつかない辛い苦しい話を聞くことになりました。そして、死と直面しながら戦後処理の取引材料にされている仲間を見、戦争は片付いていない、と実感します。帰国後、すぐラジオ東京で比島戦犯の実情を訴える座談会を放送します。「死刑囚のおびえる夜の思い」がラジオを通して、日本中の人々に伝えられ大反響を巻き起こしました。


◆ フィリピン国会議員 ピオ・デュラン

 デュランは、元日本駐在の大使で大変な親日家でした。日本に来るたびに留守家族と会い、帰国するとモンテンルパの戦犯者に手紙や食料を届けるのでした。

 1952年(昭和27年)、デュランは、巣鴨の拘置所で慰問をしていた歌手の渡辺はま子と出会います。デュランは、モンテンルパの人びとの苦悩について語りました。「今すぐにでも行きます」というはま子でしたが、国交がないので不可能でした。デュランは、モンテンルパ刑務所に行った折に、はま子の気持ちを伝え、その後、はま子と加賀尾との間にパイプが繋がり、戦犯者たちと熱い心が交わされていきます。


※BC級戦犯者…林 博史 氏著「歴史と地理」を引用します。
 ナチスドイツを裁くために連合国によって作成された国際軍事裁判条例において犯罪のタイプとしてA項「平和に対する罪」、B項「通例の戦争犯罪」、C項「人道に対する罪」と3項目に区分したことから、侵略戦争を起こして「平和に対する罪」に問われた国家指導者たちをA級戦犯、それ以外のB項とC項の犯罪を犯した者をBC級戦犯と呼ぶようになりました。
 また、「通例の戦争犯罪」については、被害を受けたそれぞれの国が自国の裁判所で戦争犯罪人を裁く権利が与えられました。

2014.4掲載

次回に続く

「モンテンルパの夜は更けて」〜BC級戦犯の命を救った人びと〜
(その1)

戻るホームに戻る