私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

見聞

防災体験施設(その1)

模擬災害を体験!!

 いつどこで起きるかわからない災害。いざという時に、落ち着いて、てきぱきと行動したいものです。また、防災のための備えの大切さは、災害を経験して、初めて気がつくことがあります。模擬災害を体験しながら学べる防災体験学習施設が、各地にありますが、その中から国土交通省と東京消防庁の施設を2回にわたりご紹介します。

地震などの被害を最小限に抑えるために

 「自らの安全は自ら守る」のが、防災の基本です。地震の強い揺れの中では、自分の身を守ることしか出来ません。家具が倒れてこないように固定するなどして、自宅を安全な空間にすることも自分にしかできないことです。揺れがおさまったとき、自宅内の火災を最も早く消せるのは自分です。けがをした家族の手当てを最も早くできるのも自分です。こうして、自分の手で自分自身、家族、財産を守る備えと行動が自助です。

 「わが町を自分たちで守る」のが共助です。自宅が無事であっても、隣家から出火したのを放っておけば自宅も燃えてしまいます。消防や警察は到着までに時間が掛かります。自分が生き埋めになったとき、それに気づき、いち早く救出活動を始めてくれるのは近所の皆さんです。災害時に円滑に協力するためには、普段からの交流が力となります。

 消防や警察、地方自治体や国などの行政や、ライフライン各社などの公共企業などの機関によるものが公助です。公助は大規模な災害の時や復旧、復興時には大きな力になりますが、活動開始までに時間が掛かります。
 いのちを守るにはまず自助、そして共助といった地域力が重要です。そして公助によって支援物資の配給や、避難所への入所、ライフラインの復旧が始まるまで、“まず3日間、自力で生きる覚悟”で、3日分の飲料水、食料などと貴重品や懐中電灯、医薬品などの非常持ち出し品を常に用意しておきたいものです。

そなエリア東京
(東京臨海広域防災公園 防災体験学習施設)

パネル展示
 東京臨海広域防災公園にある、有明の丘基幹的広域防災拠点本部棟には防災体験学習施設である「そなエリア東京」があります。東京臨海広域防災公園は、ふだんは軽い運動やピクニックが楽しめる場所として開放されています。
  組織的な救助活動が始まるのは、地震発生のおよそ72時間後と言われています。「東京直下72hTOUR」と題して、この72時間を生き残るためにどうするか、首都直下地震から避難までの一連の流れを体験できるツアーに参加できます。ツアーは地震発生でエレベーターに閉じ込められたところから始まり、停電したビルからの脱出、被災した市街地を通り抜けて避難場所へ移動するまでを、途中クイズで注意事項を確認しながら進みます。
  体験には約30分必要で、クイズには携帯ゲーム機のニンテンドーDS(貸出あり)を使用します。

そなエリア東京ご利用案内
〒135-0063 東京都江東区有明3丁目
アクセス りんかい線「国際展示場駅」より徒歩4分
ゆりかもめ「有明駅」より徒歩2分
開館時間 午前9時30分〜午後5時
(入場は午後4時30分まで)
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し翌日休館)
年末年始および臨時休館日あり
入館料 無料
URL http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/
tokyorinkai/72h/index.htm
 
「そなエリア東京」 検索

次回に続く

  • 本所防災館
    (本所都民防災教育センター)

戻るホームに戻る