私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

見聞

柳 宗悦〜 「民藝」運動に生涯を捧げ、朝鮮の国・民族・文化を愛し弁護した「民藝運動の父」(その1)

 かつて、柳宗悦(以下「宗悦」といいます。)という民藝運動に生涯を捧げた美学者がいました。韓国併合の時代、宗悦は、朝鮮時代の工藝品との出会いをきっかけに、朝鮮の民衆的工藝品ひいてはそれを生み出す朝鮮民族を愛するようになり、身命を賭して、当時の日本政府の植民地政策の批判や朝鮮の独立運動に対する理解と支持を表明しました。宗悦は、その後朝鮮のみならず日本の「民藝(民衆的工藝)」の美の発見と民藝運動に生涯を捧げました。

◆ 文藝雑誌「白樺」の発刊

 宗悦は1889(明治22)年、東京市麻布区に父・柳楢悦と母勝子の三男として生まれました。宗悦が2歳になる前に父親が亡くなったため、以後は母親の弟である叔父の嘉納治五郎(柔道の講道館創始者)の世話を受けながら、母親の手で育てられました。
 宗悦は、1895(明治28)年に学習院初等科に入学後、同中等学科、同高等学科へ進みます。その間に、武者小路実篤、志賀直哉ら後の「白樺」同人たちとの交友が始まり、高等学科を卒業した1910(明治43)年の4月に、同人たちとともに文藝雑誌『白樺』を創刊しました。同年9月に宗悦は東京帝国大学に入学、以後、『白樺』に各種の論文を寄稿します。

◆ 朝鮮との縁

柳宗悦・兼子
 ▲柳宗悦・兼子(京都駅にて)  宗悦は、学生の頃から朝鮮に関心を持つようになりました。それは、宗悦の姉が嫁いだ相手が日露戦争時代の仁川の総領事であり、宗悦の妹が嫁いだ相手も朝鮮総督府総務部に勤務していたことが影響しています。
 宗悦が初めて朝鮮の古陶磁を購入したのは、宗悦がまだ学習院高等科の学生のときのことです。その後、画廊の展覧会に展示されていた朝鮮時代の白磁の美しさに打たれた宗悦は、浅川伯教、巧兄弟との交友の影響も受けて、朝鮮の陶磁に対する関心を強くしていきました。
 宗悦は1914(大正3)年に声楽家の中島兼子と結婚し、同年、我孫子に転居します。その転居したばかりの柳邸を浅川伯教が訪問した時、朝鮮の陶器数点を持参しました。このことが大きなきっかけとなり、宗悦は1916(大正5)年に初めて朝鮮を訪れました。それは、ソウルにいる妹に会うことも目的でしたが、一方で、朝鮮の陶磁器の美しさに惹かれ、現地で買い集める目的もありました。宗悦は、以後の25年間に21回にわたり朝鮮を訪れ、私財により、朝鮮民族によって日々親しまれていた器具や家具(以下「朝鮮時代の民衆的工芸品」といいます。)を買い集めていきます。

◎協力・写真提供 日本民藝館

※白樺 雑誌「白樺」は1910(明治43)年に創刊され、1923(大正12)年の関東大震災時、第160号をもって終刊。志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦ほか学習院同窓・同人が中心となって小説・詩などを創作発表し、明治から大正にかけての近代文学活動の源になりました。
※朝鮮時代 李氏朝鮮時代(李朝)ともいい、朝鮮王朝が朝鮮半島を統治していた、1392年から1910年に日本に併合されるまでの時代をいいます。

戻るホームに戻る