私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

会員のCSR

子どもたちへのメディアリテラシー教育を推進する 「ケータイ安全教室」

 携帯電話は、近年急速に世代を超えて幅広く普及し、生活に欠くことのできないツールとなってきています。 それに伴いどこにいても家族との連絡が取れるということで子どもに携帯電話を所持させて便利になった反面、子どもが出会い系サイトや架空請求等、ネット社会ならではのトラブルに巻き込まれている事実も同時に起こっています。
 そこでドコモグループでは、未来を担う子どもたちのために「子どものケータイ利用における安心・安全の推進」「青少年保護に対する社会的責任」をコンセプトとして、携帯電話の正しい使い方を提示するとともに携帯電話事業者としての社会的責任を果たすために、子どもたちがトラブルに巻き込まれないための対応策を教育していく「ケータイ安全教室」を実施しています。
 「ケータイ安全教室」では、ドコモの事業領域である「通信・IT技術」を活かし、行政・教育機関等と連携して、子どもたちへのメディアリテラシー教育を小・中・高校の生徒や保護者、教員等、子どもに関わる地域コミュニティの方を対象に実施しています。募集は一般公募で行い、授業形式は講師をドコモから直接授業を実施する場所に派遣する「講師派遣」型で実施しています。


ケータイ安全教室01

 授業内容は、携帯電話を正しく安全に使うための知識やトラブルに巻き込まれないためのモラル・マナー等を教えています。具体的には「出会い系サイト・架空請求への対処方法」や「デジタル万引きによる著作権侵害」「ネット上での誹謗中傷」「チェーンメール・いたずらメール」などの仕組みや対処方法を具体的事例により説明しています。携帯電話の安全な使い方やモラル・マナーを理解し守っていただくことにより、被害者にも加害者にもならないように実践的な知識や対応方法を学習していただきます。
なお、この教室で使用している教材は、ホームページ上で無償ダウンロード可能となっております。
(ダウンロード先 http://www.nttdocomo.co.jp/k-tai-anzen


ケータイ安全教室02

この「ケータイ安全教室」は、2005年度には全国で約600回、2006年度は全国で約1400回を開催しました。
 また昨今子どもがトラブルに巻き込まれる事件が多発していることから「防犯」「防災」に役立つ携帯電話の使い方なども紹介しています。
 今日、企業は近年の経済活動のグローバル化とともに、日々の経営において、経済的側面だけでなく、社会公正性や環境への配慮などの社会的責任(CSR)を果たすことが不可欠となっています。NTTドコモでは、これからも「ケータイ安全教室」をはじめとする未来を担う「子どもたち」の健全な育成を支援する取り組みを進めるとともに、人・社会・地球とのつながりを大切にし、全ての人々が「安心」で「安全」な暮らしやすい社会を実現するための活動を継続していきたいと考えています。
 

戻るホームに戻る