私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

会員のCSR

循環型リサイクルシステムの計画と実践


▲ニューオータニ循環型 リサイクルシステム ニュ−オ−タニでは、400年の歴史があるホテル内の日本庭園(4万㎡)の自然環境保全に取り組んでいます。

その他に、ホテル施設を都市空間の小モデル(集約された地球環境)としてとらえ、環境破壊を抑制し、循環型社会を実現するために様々な「省エネルギ−対策」と「リサイクル対策」に取り組んできました。

「省エネルギ−対策」では、自家発電システムを導入し、発電と同時に発生する排熱を利用して蒸気を作り、ホテル内の冷房・暖房・給湯の省エネルギ−など多目的に活用。
さらに、この蒸気を利用して、一日約5トンも発生する食品残渣(生ゴミ)を乾燥し、一次発酵の堆肥をホテル内で製造しています。この堆肥は、筑波の堆肥工場で二次発酵し、「完熟堆肥」として、近郊農家に販売されています。生産された安心・安全な、おいしい野菜・果物などの一部は、ホテルでも使用しています。

「リサイクル対策」として、水のリサイクルシステムでは、厨房で使用される一日約1、000トンの排水から、「中水(リサイクル水)」を製造しています。この「中水」は、トイレやバラ園の散水などの循環水として使用しています。

これからも、持続可能な社会づくりに貢献するため、循環型リサイクルシステムをさらに進化させ、お客様に「お役に立つ」「喜んでいただく」「楽しんでいただく」「寛いでいただく」ために、環境にやさしいホテルを追求することが、私たちの大切な使命と考えています。

http://www.newotani.co.jp


戻るホームに戻る