私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

会員のCSR

社会に貢献・・・取組み

ボランティア活動への支援

 荏原製作所では、かねてより企業としての社会貢献に積極的に取り組んでいるところでありますが、一方ボランティア活動に熱心な社員に対しては、1996年制定した「ボランティア休職・休暇制度」を積極的に支援・奨励しております。

 ボランティア休職制度は、長期休職期間中の生活保障として、賞与分を社内規定の支給基準に準じて支給し、休暇制度については、特別公休扱い(有給休暇の外数)で実施しております。

制度利用者は年間数件ですが、年々増加傾向にあり、活動の場も日本各地はもとより広く海外でも活躍しており、分野も男女も問わずあらゆる社員が、「環境」「教育」「介護」「医療」「スポーツ」等多岐にわたっており、ボランティア活動に対する関心の高さを示していると感じています。

また、長期休職者からは2ヵ月に1回、活動報告が提出されますが、スタート時から期間終了時迄の人々との交流・悪戦苦闘ぶり、更には現地に対する認識度の変化等が時系列的に判り、興味深いものがあります。

これからも、荏原製作所は社会貢献の一環として、「ボランティア活動への支援」を地道に、継続して取り組んでいきたいと考えています。

【長期ボランティア休職活動】

NO 期間 利用者 活動内容等
1 1997.9.2-
1999.12.31
本社設計(男性) 青年海外協力隊に従事、ニカラグア・技術庁技術学校で冷凍機器技術指導。
2 1998.8.1-
2001.1.12
つくば営業所(女性) 青年海外協力隊に従事、マレーシア・サハバット入植地で女性の収入向上、地位改善策として手工芸品(小物ぬいぐるみ、編物等)の制作・販路開拡等指導。
3 2000.9.1-
2003.3.31
本社事務(女性)
藤沢工場(女性)
現地教師の補佐、オーストラリア・シドニーの幼稚園で4〜5歳児童教育、日本のポピュラーな童話、遊び(折り紙、ジャンケン)なども教える。
4 2003.2.1-
2005.1.31
本社事務(男性) オーストラリア・シドニーの施設で老人介護支援。
英語の勉学を兼ねる。
5 2003.5.29-
2003.6.28
藤沢工場(男性) アメリカ・カリフォルニア・サクラメントで環境保護、海の水質調査、ビーチクリーニング活動。

NO 期間 利用者 活動内容等
1 1997.2.23-25 本社他
(男性4名/女性1名)
ノホトカ号漂流による日本海重油回収作業。
2 1998.2.12-19 藤沢工場(女性多数) 長野オリンピック・ジャンプ会場補佐。
3 1998.10.26-28 本社設計(男性) 神奈川・ゆめ国体、軟式野球競技役員。
4 1998.11.26-
1998.12.1
姫路営業所(女性)
本社事務(女性)
タイ・ケープ島他でのマングローブ植林。
5 2000.6-2001.5
(1〜2回/月)
本社設計(男性) 肢体不自由児通園施設における療育作業。
6 2002.9.19-22 藤沢工場(男性) 骨髄移植推進財団にて骨髄提供。

幅広い社会貢献活動

▲横浜支社の皆さんがチャリティーランに参加  東京三菱銀行では、「三菱東京フィナンシャル・グループ」の一員として国内外において社会貢献活動・社会環境活動に取り組むなど、「良き企業市民」として幅広い活動を推進しています。

国内営業店では、各営業店がそれぞれの地元地域に貢献する活動を企画・実施しています。2002年度は、地元の公共施設や福祉施設への備品寄贈、チャリティ活動への参加、集団献血など、さまざまな活動を行ないました。

また、全国の児童擁護施設や母子生活支援施設に対してもさまざまな形で支援を行なっています。 1992年度から開始した「施設が一番ほしい物品をさしあげよう」という活動は現在2巡目に入っており、10年計画で全国約850箇所の全施設を対象としています。 2002年度は84箇所の施設にパソコンや電器製品、遊具などを寄贈しました。

一方、国際貢献の一環としてアジア諸国の人材育成を支援するために、国内では大学院に在学するアジアからの留学生を対象に、また海外では、中国、フィリピン、ベトナム、インドなどの地元大学の学生を対象として計340名の学生に対し奨学金を支援しています。

今後とも東京三菱銀行は幅広い社会貢献活動に取り組んでいくとともに、行員のボランティア活動等を通じても、社会に貢献できる心豊かな人材の育成をめざしていきます。


戻るホームに戻る