私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

クローズアップ

日本がLGBT先進国をめざすべき理由
~ツーリズムの観点から~

小泉 伸太郎

●プロフィール

小泉 伸太郎
(こいずみ しんたろう)

株式会社アウト・ジャパン代表取締役

1968年東京都生まれ。立教大学卒業。
ホテル、スキーリゾート開発会社等での20年のインバウンド経験を活かし、LGBTフレンドリーなランドオペレータ「Out Asia Travel」を設立。LGBT旅行者の日本旅行手配にて多くの知見を持つ。また、IGLTA(国際ゲイ&レズビアン旅行協会)のアジアアンバサダーもつとめており、日本人として初めて「Ambassador of the year 2016」を受賞。

LGBTツーリズムとは

 国際旅行の10分の1はゲイ&レズビアンの旅行者が占めている、LGBT旅行市場規模は2020億米ドルにのぼる、といった話を聞いたことがある方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。今でこそ欧米のゲイやレズビアンのカップルは子育てをすることが普通になってきていますが、子どもをもうけることが難しく、相対的に可処分所得が高いゲイやレズビアンは、旅行市場における超優良顧客層として認知されてきました。
 IGLTA(国際ゲイ&レズビアン旅行協会)という国際組織がありますが、単にLGBTの旅行を活性化させようというだけでなく、LGBTにとって危険な地域もあるなかで、安全に旅行できる国や都市はどこなのか、LGBTフレンドリーなホテルはどこにあるのか、といった情報を当事者に提供することで、できるだけ差別や暴力に遭わず、快適に旅行できるような手助けをするという役割も担っています。LGBTツーリズムにはそういう側面もあるのです。
 LGBTツーリズムとは、LGBT旅行者をマーケティング対象にした観光施策のことです。もう少し具体的に言うと、そこがLGBTにとってフレンドリーで魅力的な旅行先であるという認知を広げ、大勢のLGBTが訪れるようにする、ということです。大前提として、自治体や観光協会の主導のもと、ホテルなどで研修を行い、LGBT旅行者が気持ちよく楽しめるような環境を整えていくことが必要になります。そうした基本的な施策を経ずにPRだけやっても、不適切な言動が出てしまい、逆に不評をかってしまうことになりかねません。これは、広い意味で、LGBTのダイバーシティ&インクルージョン、LGBTが暮らしやすい社会になることの推進といえます。間接的に、同性婚などの法整備にもつながります。

LGBTにとって安全・安心は切実なテーマ

 もう少し、LGBTの海外渡航に関するリアリティについてお伝えしましょう。
 世界には、同性愛を違法とする国が73カ国もあり、そのなかで、実際に同性愛者や異性装者が逮捕・投獄される可能性がある国は数十カ国にのぼります。これらは主に中東やアフリカなど、イスラム教の影響が強い国々です。また、ゲイやレズビアンであることを公にすると逮捕される反同性愛法が制定されたロシアなどでも、かなり厳しい差別や暴行に遭う可能性などが指摘されています。
 実はオランダのような最も早くから同性婚を承認していた先進的な国であっても、ゲイカップルに対する憎悪犯罪(ヘイトクライム)がいまだにありますが、トップクラスの政治家など、ストレート男性たちが手をつないで歩く写真を投稿し、同性愛嫌悪(ホモフォビア)をなくそうと呼びかけ、世界的なニュースとなりました。
 みなさんも、もしかしたら海外で、アジア人であるがゆえにいやな思いをしたことがあるかもしれません。たとえば、レストランであからさまに悪い席に通される、などです。しかし、LGBTの場合、身の危険を感じる、命にも関わるようなレベルの差別にさらされているのです。
 男同士、女同士のカップルであっても、堂々と肩を組んだり手をつないだりしたい、暴行を受けたりいやな思いをしたりせず、できるだけ安全に旅行を楽しみたい、という思いは切実です。
 ベルリン国際旅行博が実施したLGBTへのアンケート調査によると、旅行先やホテルがLGBTフレンドリーかどうかは重要な判断材料であり、選択に影響を及ぼすと答えた方は、半数近くにのぼっています。

2019.3掲載

1 2 3  次へ

戻るホームに戻る