私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

クローズアップ

発達障害と就労

岩波 明

●プロフィール

岩波 明
(いわなみ あきら)

神奈川県生まれ。昭和大学医学部精神医学講座教授
1985年東京大学医学部卒、東大病院精神科、東京都立松沢病院、埼玉医大精神科などをへて、2008(平成20)年昭和大学医学部精神医学講座准教授、2012(平成24)年より現職、2015(平成27)年より昭和大学附属烏山病院長を併任。精神疾患の認知機能、発達障害の臨床研究などを主な研究分野とする。著書に、『大人のADHD』(ちくま新書)、『発達障害』(文春新書)、『精神鑑定はなぜ間違えるのか』(光文社新書)、『狂気という隣人』(新潮文庫)など、訳書に『内因性精神病の分類』(監訳 医学書院)などがある。

発達障害とは?

 発達障害という言葉は、最近になって、医療や福祉の分野だけでなく一般向けの雑誌やマスメディアにおいても幅広く使用されるようになってきた。医学的には、「発達障害とは何らかの脳の機能障害に基づく生まれつきの障害(特性)の総称であり、その症状は生涯に渡って持続するもの」と定義されている。
 発達障害については、多くの誤解が存在しているので注意が必要である。まず認識しなければならない点は、「発達障害」という名称の病気は存在しない点である。テレビ番組などにおいては、まるで発達障害という名称の疾患が存在するかのように報道されることをみかけるが、このような内容は誤解を与えてしまうものである。発達障害というのは、総称である。
 実際、筆者はあるテレビ番組の打ち合わせにおいて、発達障害という「病名」を使用するのは正確ではないので、個別の疾患名を使うことを提案したことがあったが、専門的になり過ぎるという理由で、認められなかった。
 通常、発達障害は大きく3つに分類される。第一に、対人関係・コミュニケーションの障害と同一性のこだわりや興味・関心の偏りを主な症状とするものが、自閉症スペクトラム障害( 自閉スペクトラム症、ASD※)である。ASDには、従来の自閉症とアスペルガー症候群(アスペルガー障害)を含んでいる。
 次に、不注意、多動・衝動性を主な症状とするものが、注意欠如多動性障害( 注意欠如多動症、ADHD※※)である。さらに、読む・書く・計算するなどの特定の分野の習得と使用に著しい困難を示すものが、限局性学習障害(限局性学習症、LD※※※)である。 この3つの疾患が、発達障害において主要なものであり、医療や教育において重要であるのは、ASDとADHDである。
 かつて発達障害は、主に児童期の疾患であると考えられていた。ところが、欧米においては、1990年代以降になり、発達障害は、思春期以降成人においても重大な問題となっていることが認識されるようになった。
 わが国においてはこれに遅れて、成人期の発達障害の問題がクローズアップされたのは、今世紀になってからのことである。このためいまだに専門家であるはずの精神科医においても、発達障害への対応が十分でないケースが存在していることは残念なことである。
発達障害を考える上で重要であるのが、知的障害との関連である。かつて児童精神科や小児科で扱っていた発達障害の多くは知的障害を伴っていた。特に自閉症においては、重症の知的障害を伴うケースが多かった。
 ところが現在発達障害の専門外来を受診する成人の大部分は、知的レベルは正常かそれ以上の人たちであり、従来とは患者層がまったく異なっていることは重要な相違点である。
 発達障害は長い間児童精神科の分野と考えられており、知的能力に遅れがない発達障害は見過ごされてきた。知的障害がなく、自らの特性や対処法を学ぶことなく大きな問題なく学校生活が送れた者でも、主体性やコミュニケーション能力が求められる就職などの環境変化に伴い、周囲に適応する事が出来なくなることはまれではない。そのような不適応の中で「発達障害」に行き着いたというケースも少なくない。

発達障害
  • ※ ASD:Autism Spectrum Disorder の略
  • ※※ ADHD:Attention Deficit Hyperactivity Disorder の略
  • ※※※ LD:Learning Disabilities の略

2019.2掲載

1 2 3 4  次へ

戻るホームに戻る