私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

クローズアップ

中川 英明 70年を迎えた「世界人権宣言」 ~今こそ人権と向き合う~

中川 英明

●プロフィール

中川 英明
(なかがわ ひであき)

公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 事務局長
東京生まれ。1989年から2002年まで国際連合難民高等弁務官事務所(UNHCR)に勤務。ハノイ、コロンボ、ベルモパン、サラエボに駐在し、国内避難民(IDP)や難民の保護と支援に従事。ジュネーヴ本部勤務を経て帰国した後は、複数の国際協力NGOのスタッフや事務局長としてアジア、アフリカを中心に初等教育、公衆衛生、住環境の改善と所得向上などの支援プロジェクトや東日本大震災被災地での支援活動に携わる。
https://www.amnesty.or.jp/

「すべての」人に同じ権利がある

 世界人権宣言は、1948年12月10日、パリで開かれた第3回の国際連合総会で、「あらゆる人と国が達成しなければならない最低限の共通基準」として採択されました。
 人権という概念は、なにも世界人権宣言で突然生まれたものではありません。人権概念の誕生には諸説ありますが、近代ヨーロッパで国王が絶対的な権力を持っていた絶対王政に対抗して、人間は自由や平等など生まれながら当然の権利を持っているという思想が生まれました。この思想と市民統治のあり方をめぐってさまざまな考えが提唱され、人権を市民社会の原理として、国家主権(そして帝政)を基礎づける動きもありました。 人は生れながらにして人間として不可侵の権利を有するという考えを法律として初めて明文化したのは、1779年に採択されたアメリカのバージニア権利章典です。フランスでも「人は生まれながらにして自由で平等である」と記した「人および市民の権利の宣言」が1789年に採択されました。しかし、この頃の「人」が指しているのは、基本的に財産を持った白人の成人男性に限られ、女性や有色人種が同等の権利を持つとは考えられていませんでした。その後、各国で人権がそれなりに整備されていきますが、あくまで国内問題であり、国境を越えた人類の普遍的な価値としては、確立されてはいませんでした。
 それを変えたのが、「世界人権宣言」です。世界中〝すべての〟人間は生まれながらに基本的人権を持っている、と明示されたのです。お金を持っているとか、立派な経歴があるとか、善良な人であるとか、そういったことに一切関係なく、貧乏な人も、倫理的に正しくないことをした人も、罪を犯した人も、みな同じ権利をもっていると。その根底にあるのは「自由」「平等」「尊厳」です。
 世界人権宣言を採択した国際連合は、みなさんご存じのように、第2次世界大戦の惨劇を二度と繰り返さないという反省からつくられました。そこで各国の代表者たちは、人権を軽視することが戦争につながり、戦争でさらに人権が侵害されるという悪循環に陥っていたということを認めました。そして、世界の平和を実現するためには、世界各国が協力して人権を守る努力をしなければならないという決意を、国連憲章に込めたのです。国連は誕生翌年から国際的な人権章典づくりに着手し、それが世界人権宣言という形で結実しました。

2019.1掲載

1  2  3  4  5  次へ

戻るホームに戻る