私たちは企業の立場から人権の輪をひろげるため、人権に関するさまざまな情報を発信しています。

書籍紹介

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

障がい者のバックナンバー1

書籍名

内容の概略 著者・出版社
定価・発行
盲ろう者として生きて
〜指点字によるコミュニケーションの復活と再生〜
マンガでわかる!統合失調症
幼くして視覚を、ついで聴覚を喪失し、深い失意と孤独の中に沈んでいた著者が「指点字」という手段によって他者とのコミュニケーションを回復し、再生するに至るまでを綿密にたどり直した自伝的論文。人間にとって他者とのつながりがいかに大切かが分かる本。
著者福島 智
出版明石書店
定価2,940円
発行2011年7月
天使の声 生きながら生まれ変わる
天使の声 生きながら生まれ変わる
「もののけ姫」の主題歌で一世を風靡。
世界的カウンター・テナーが知られざる壮絶な人生の軌跡を告白。
苦難との格闘の末に「生きる力」を開花。
著者米良 美一
出版大和書房
定価1,470円
発行2007年7月
マンガでわかる!統合失調症
マンガでわかる!統合失調症
当事者が、マンガで自分の病気を正しく理解することができる画期的テキスト! ベストセラー「わが家の母はビョーキです」の中村ユキが、自分の母親のような当事者にも読めるものを! との想いで書き下ろしたコミックエッセイ。
著者中村 ユキ
出版日本評論社
定価1,260円
発行2011年5月
精神病とモザイク
〜タブーの世界にカメラを向ける〜
精神病とモザイク
モザイク処理は絶対に使わない!─タブーに挑み、精神病の本質に迫った映画『精神』の想田和弘監督が、公開にいたるまでの紆余曲折と葛藤を語る。精神科を撮る理由、「観察映画」にこめた思い、患者への共感、モザイクをめぐる葛藤……。映画には収め切れなかった数々のエピソードから、精神病大国・日本の現実と社会・メディアに広がるタブーについて考えさせる一冊。
著者想田 和弘
出版中央法規出版
定価1,470円
発行2009年6月
とっさの手話入門
〜お店で、駅で、病院で〜
とっさの手話入門
突然、手話で話しかけられたらどうしますか?
障害者基本法が改正される。手話に馴染みのない方でも、好むと好まないとに関わらず、手話での対応を求められることになった。社会生活において、必要性が高いと思われる9つのシチュエーションと、あいさつや返答といった会話の基本を連続写真で解説。指文字による50音、数字なども掲載。
■サービス業や受け付け業務、公共機関などには不可欠な1冊。
監修小椋英子
編集NHK出版
出版NHK出版社
定価2,415円
発行2011年8月
最新版 図解 障害者自立支援法早わかりガイド
障害者自立支援法早わかりガイド
2010年12月に成立した改正法によって、障害者自立支援法は利用者負担の見直し、相談支援の充実などが図られました。本書は同法の内容と影響を図解入りでポイント解説。介護・福祉関係者はもちろん、一般の利用者の方も、ぜひ読んでおきたい1冊。
編集山内 一永
出版日本実業出版社
定価1,890円
発行2011年6月
障害を問い直す
 障害を問い直す
経済学と障害学という、一見接点のなさそうな両分野の対話から生まれる新しい研究成果を世に示す。「障害」という課題を通じて、人々のものの見方と、社会のあり方を深く考えるための一冊。
編集松井 彰彦
川島 聡
長瀬 修
出版東洋経済新報社
定価3,780円
発行2011年7月
発達障害のいま
発達障害のいま
発達障害児の影に潜む家庭の問題とは ? 
こころの骨折・トラウマはどう治す ? 
脳と神経に何が起こっているのか ? 
保護者・教育関係者から小児科医まで必読の書。
著者杉山 登志郎
出版講談社
定価798円
発行2011年7月
数字と踊るエリ
〜娘の自閉症をこえて〜
数字と踊るエリ
まさか、自分の娘が。
病床の妻、壊れゆく生活、すべてを背負って臨床心理士の父は愛娘の障害に挑み続けた。
自閉症と言われた我が子が家族の力で驚異的な成長をとげるまでの9年間の記録。
著者矢幡 洋
出版講談社
定価1,680円
発行2011年4月
耳の聞こえない私が4ヶ国語しゃべれる理由
 耳の聞こえない私が4ヶ国語しゃべれる理由
6歳で聴覚を失い、12歳で日本に。耳は聞こえず、言葉もわからず、学校ではイジメにあう散々な毎日。そんな彼女が、なぜ世界へ羽ばたいていけたのか?
著者金 修琳
出版ポプラ社
定価1,470円
発行2011年4月
「利他のすすめ」〜チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵〜
 「利他のすすめ」〜チョーク工場で学んだ幸せに生きる18の知恵〜
「日本でいちばん大切にしたい会社」をつくった経営者が伝える、シンプルで深い18の知恵。 
人生とはシンプルなものだ——。 
この世に生を受けて78年。
自らの人生を振り返ったときに、しみじみとそう思います。
「利他のこころ」で生きれば、必ず幸せになれる。
これに尽きるのです。  ——本文より
編集大山 泰弘
出版WAVE出版
定価1,470円
発行2011年4月
色弱が世界を変える 〜カラーユニバーサルデザイン最前線〜
色弱が世界を変える 〜カラーユニバーサルデザイン最前線〜
国内320万人、男性20人に1人が色弱者ーー街の色が変わり始めた! カラーユニバーサルデザイン最前線。近年、交通信号機や電光掲示板などの公共物、鉄道や地下鉄路線図、地図、教科書や教材などの刊行物、駅や病院、各種施設などの案内表示、そして電子機器から家電の操作画面に至るまで、何かが変わったことに気づいている方もいることでしょう。それは今、確実に世の中に浸透し、大きく育まれようとしています。
著者伊賀 公一
出版太田出版
定価1,890円
発行2011年5月
どこ行くの、パパ?
どこ行くの、パパ?
ユーモア作家として活躍する陰で、重い障害を持つ二人の息子を抱え、懺悔と自責の念で激しく苦悩する父親。子どもたちとの日々を今ようやく素直な思いで語る、笑いと涙の自伝的小説。フェミナ賞受賞作。
著者ジャン=ルイ・フルニエ
出版白水社
定価1,890円
発行2011年2月
手話の絵事典〜基本表現がよくわかる 気持ちをこめて伝えよう!〜
手話の絵事典
手話は、音声の言葉(音声語)と同じようにおたがいの気持ちを伝え合い、必要な情報を伝達できる言葉です。指・腕の位置や動きの大小・強弱、目の動き、表情などで、時には音声語よりも豊かな表現ができます。また、体全体で自分の気持ちを伝える手話は、音声語によるコミュニケーションでおろそかにしがちな相手への心配りなどに気づかせてくれる言葉でもあります。本書は、このような手話の基本表現をイラストでわかりやすく紹介した入門書。
監修社会福祉法人全国手話研修センター
編集どりむ社
出版PHP研究所
定価2,940円
発行2011年1月
ボクは吃音ドクターです
ボクは吃音ドクターです
どもっていても、社会の役に立ちたい。幼少の頃から吃音に苦しみ、一人で抱え込み続けた心の傷と、信じ続けた未来。吃音外来医師として活躍する著者が、現在までを綴ったエッセイ。吃音癖があり、学校/社会生活上悩んだ著者は、自分で吃音をなおすべく、一念発起して医学部へ。
著者菊池 良和
出版毎日新聞社
定価1,680円
発行2011年2月
続 塙保己一とともに 〜いまに“生きる”盲偉人のあゆみ〜
続 塙保己一とともに
平家琵琶にはじまり、その後は音曲だけでなく鍼〔はり〕や按摩〔あんま〕にもすぐれた才能を発揮した盲偉人〔もういじん〕と呼ばれる人たち。その中でも塙保己一は立志伝中の人としてとくに知られている。現代で言うところの“落ちこぼれ”であった盲少年(後の保己一)が、ついには盲人社会の最高位・総検校〔そうけんぎょう〕にまで出世を遂げることができたのはなぜか。盲偉人ら先人たちが歩み、何百年もの歴史の中で培った盲人社会の伝統と自助の精神が、保己一とそれに続く人びとを生んだ。
著者堺 正一
出版はる書房
定価1,785円
発行2010年10月
障害者が輝く組織
障害者が輝く組織
雇用率8%超とダントツを誇るユニクロ。全盲のITエンジニアが最前線で活躍するマイクロソフト——障害者を戦力化する企業の最前線をレポート。働く障害者の本音にも迫りつつ、これからの組織のあり方を問う。
著者高嶋 健夫
出版日本経済新聞出版社
定価1,680円
発行2010年11月
社員みんながやさしくなった
社員みんながやさしくなった
ハンディが大きい障がい者の雇用を2020年までに1000人、月給25万円の給料を払うと宣言している会社がある。
全国に事業を展開し始めたこの会社の強い思いとビジネスの仕組みは各社の注目を集め、毎月の事業説明会は増える一方。
本人と家族に喜ばれ愛される会社のあり方は、業界・規模を超えて経営を見直す原点となる。
著者渡邉 幸義
出版かんき出版
定価1,470円
発行2010年10月
働く幸せ
〜仕事でいちばん大切なこと〜
働く幸せ
大ヒット作『日本でいちばん大切にしたい会社』で紹介された日本理化学工業の本です!!
「働くことが幸せ。その幸せを与える場が企業なんです」障がい者 に学んだ働く意味——。
「人間の究極の幸せは、(1)人に愛されること (2)人にほめられること 、(3)人の役にたつこと、(4)人から必要とされること。働くことによって愛以外の3つの幸せは得られます。私はその愛までも得られると思う。」 感動のビジネスストーリー!!
著者大山 泰弘
出版WAVE出版
定価1,470円
発行2009年7月
手話の世界を訪ねよう
手話の世界を訪ねよう
手話は世界共通? 手話はジェスチャー? 実は手話は文法をもち、 国によって異なる複数の言語。手話を言語の一つとしてとらえ、ろう者の豊かな文化世界のフィールドワークへ出かけてみよう。文化人類学者が案内する異文化世界への旅。
著者亀井 伸孝
出版岩波書店
定価819円
発行2009年6月
書籍紹介の「内容の概略」は出版社の紹介文を引用しています。
前へ 5 4 3 2 1 

バックナンバー

| 同和問題 | 障がい者 | 女性・性差別 | 人権全般 | 外国人 | その他 |

ホームに戻る